どこへ行っても混雑する週末は、基本的にひきこもるのが私の流儀。

しかし昨日は、訳あって外出してきた。

今日の記事は、そこで感じた「セミリタイアしてよかった」だ。



【スポンサード リンク】


2017012901


昨夜はすすきので人と会う予定が会ったので、どうしても外出しなければならなかった。

昨日は一日中雪が降り続く、なかなかの悪天候日和。

「こんな天気の日に街まで出るのだから、ついでに映画でも観ようかな」と考えたのだ。

映画は会員デーに観る」というのが私のポリシーなのだが、ディノスシネマズ札幌劇場なら、貯まったポイントでいつでも無料鑑賞が可能。

そこで昨日は、前日の金曜日に公開されたばかりの「スノーデン」を、午後の回で観ることにした。



ちょっと早めに劇場に行き、チケットを入手して、カフェスペースで開場を待つ。

10分前になり、上映される3番シアターに向かうと、そこにはこれまで観たこともない長蛇の列が。

指定席なので並ぶ必要などまったくないんだけど、他にすることもないので、最後尾に陣取る。

すると、私の後ろにも、どんどん列が伸びていく。

開場して、自分の席に収まると、周りの席もすべて埋まっていた。

つまり、満席

この劇場にはもう何十年もお世話になっているが、こんな光景は初めてだ。


これだけの人がいれば、マナーレスなバカも多く紛れ込んでくる。

いつまでも、ビニールの袋をカシャカシャさせ続ける人。

突然、意味不明なうなりをあげる人。

闇の中で、何度もスマホの光を放つ人。

それでも、映画が面白かったおかげか、すぐ近くに突出したバカがいなかったせいか、それほど気にならずに最後まで鑑賞することができた。


映画が終わって劇場を出るときも、歩みはなかなか進まないわ、エレベーターにはなかなか乗れないわで、かなり時間がかかった。

何度も書いて恐縮だが、この小屋がこんなに人であふれかえるのを見たのは初めてだ。


もちろんこれは、毎週末のよくある光景なのだろう。

私が平日にしか足を運ばないから、びっくりしただけだ。

週末の昼間という、もっとも入場料金の高い時間帯に来てくれるお客さんによって、劇場経営は支えられているのだ。

ありがたや、ありがたや。



やっぱり私は、あまり混んでいない時がいいです。

平日の昼間に、安い料金で、ゆったりと映画を観られるのが、セミリタイア生活の醍醐味。

それを痛感したので、ひさしぶりに大文字で書いちゃおうっと。

セミリタイアしてよかった!



たまにはこうやって、セミリタイアのありがたみを再確認するのも悪くないなー、と思った土曜日でした。


幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ
幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ内山 直

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング