今ほどブラック企業が糾弾される時代はなかった、と言っても過言ではないのに、社員を苦しめ続ける会社は、まだまだたくさんあるようだ。

そんなニュースをキャリコネで見つけたので、今日はそれをネタに記事を書いてみたい。



【スポンサード リンク】


2017012801


20代の第二新卒・既卒の3割が「残業時間の過少申告をさせられた」と回答 最長で180時間の残業を経験した人も
「過去に経験したうち、最も多かった月間残業時間はどのぐらいですか?」という質問には、男性15.4%、女性8.3%が「100時間」と回答。「月間80時間」と回答した人は、男性では27.7%おり、男性の4人に1人は月80時間の残業の経験がある。ちなみに回答者が答えた最長の残業時間は男性で180時間、女性で150時間だった。
(キャリコネニュース 2017/1/27)

時間外労働が月100時間、または月80時間が2ヶ月以上というのが、厚生労働省の定める過労死ライン

さて、自分の場合はどうだったんだろうか?



私の残業体験については、このブログでも何度か記事にしてきた。
総じて時間外労働の多い会社だったけど、月80時間の過労死ラインを考えたことはなかった。

ちょっと計算してみよう。


入社してすぐの時は、始業前1時間、終業後4時間、合わせて5時間の時間外労働だった。

土日はほぼ休んでいたので、休日出勤はゼロと考えると、【5時間×20日】で月100時間の時間外をしていたことになる。


次の職場は、朝が早かったので始業前は2時間だが、夜の半分は接待で、早く会社を出る日も多かったので、終業後は平均すると2時間ぐらい。

この時も土日はほぼ休みだったので、【4時間×20日】で月80時間(+プラス接待時間)となる。


次の職場では、また元に戻って、始業前1時間、終業後4時間で、計5時間。

これまた土日はちゃんと休んでいたので、【5時間×20日】で月100時間かな。


これでも、冒頭のニュースの中に含まれるくらい時間外労働をしていたわけだが、このあとの職場が大変だった。

会社人生の中で、一番仕事をした時期だ。

始業前2時間、終業後4時間に加えて、昼の休憩も取れなかったのでプラス1時間の、計7時間。

さらに、土曜日もフル出勤で15時間の休日勤務。

さすがに日曜日は休みたかったのだが、それでも必ず数時間は働いていた。

日曜日の休日勤務時間を3時間とすると、【7時間×20日+15時間×4日+3時間×4日】で、月の時間外労働はなんと

212時間!


ひと月4週間(28日)で計算してこれだから、実際はもう少し多かったはず。

こりゃ、死んでもおかしくなかったね。


その後の職場では、また月80~100時間のあたりをうろうろしていた。

最後の職場は、始業前2時間、終業後2時間に加えて、土曜出勤も多かったので、【4時間×20日+8時間×4日】で、月112時間の時間外労働をこなしていた。

いやー、残業しまくりだったんだなー、私の会社人生。



人生で一番忙しく仕事をしていたのは、30代になったばかりの頃。

体力も気力も充実していた時期だけど、さすがにこんな無茶は続けられず、1年を過ぎたあたりで体調がおかしくなった。

あの時代の話は、「NHKスペシャル『キラーストレス 第1回 あなたを蝕むストレスの正体』を観た」でもチラッと書いたが、ストレスたまりまくりだったもんなあ。

人間ドックを受けて、会社にもSOSサインを発したところ、その職場は1年半で去ることができた。

あの時は、仕事を途中で放棄するようで、空しさと無念さを感じたけど、今考えるとよかったのかな。



生活時間の大半を仕事にとられていた会社員時代と比べて、残業ゼロどころか、時間内労働もゼロなのが、今のセミリタイア生活。

ちょっと極端すぎる気もするが、こうなりたいがために、がむしゃらに突っ走ってきたという思いもある。

「まだ40代なのに仕事もしないでいるなんて、とんだナマケモノめ!」という批判もあるだろうけど、私としては、「もう十分働いたわ」と思っているのよね。

まあまあの給料をもらっていたので、税金もかなりの額を納めてきたし。

勤労や納税などの日本人の義務は、それなりに果たしてきたので、あとは自由にすごしたいなあ。

この世界の片隅でひっそりと生きていきますので、大目に見てください。



今日の記事、こんな着地点にするつもりじゃなかったんだけど、まあいっか。


すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)
すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)梶本 修身

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング