テレビ東京系列で月曜深夜に放送されている、コレって私、悪くないよね?

日常のちょっとした問題について、いいか悪いか決めるバラエティ番組だ。

先日の「ニノさん」と同様、昨夜、寝ようとしたら放送が始まって、なんとはなしに観てしまった。



【スポンサード リンク】


2016101801

番組の中で取り上げられていたのは、次のとおり。
  • 希望とはちょっとだけ違うモノを彼女にプレゼントするのは悪い?
  • LINEで2時間既読スルーは悪い?
  • 夫にプチ整形していたことを言わなかったのは悪い?
  • 略奪愛をした友人に注意をするのは悪い?
  • 妻の「何食べたい?」に「なんでもいい」と返すのは悪い?
  • 仕事を終えた新人が定時帰宅するのは悪い?
  • 小学生にスマホを持たせるのは悪い?
  • 真面目に聞いてるのに笑っているように見られるのは悪い?
  • お昼の混雑したコンビニで公共料金の支払いをするのは悪い?
それぞれの問題について、芸能人が討論したり、専門家の意見や街なかアンケートの結果で、「悪い」「悪くない」の結論を出していた。


この中で取り上げるなら、セミリタブログ的には、「新人の定時帰り」がいいんだろうなあ。

でも、そういう世界とは無縁になってしまったので、結局、他人事な話になってしまいそう。

ここは、今の私に一番身近な、「お昼の混雑したコンビニでの公共料金支払い」にしよう!


私の場合、公共料金はすべて口座振替かクレジット払いになっているが、税金や生命保険料などはセブンイレブンにてnanacoで支払うことにしている。

その様子は、このブログでも何度も記事にしており、私としても関心が高いところだ。

【nanaco税金支払いに関する記事】

nanacoの税金支払いでもっとも大きなリスクは、操作方法がわかっていない店員さんに当たってしまうことだ。

高額の支払いになると、センター預かり分の確認や、モバイルとカードの併用など、高度な知識が要求される。

スムーズに処理できれば、それほど時間はかからないのだが、研修中の名札をつけている新人だと、目も当てられない。

こっちが無理難題を言う客のように見られることさえあるほどだ。


私の方も経験を重ねた結果、最近では、もたもた店員に対しては、ゆっくりやさしく指導することにしている。

お店の教育がなっていないなら、私が親切に教えてあげましょう!

そう、私は、nanaco教官(自称)なのだ。


私のせいではないにしても、nanacoでの支払いに時間がかかって、他の客の迷惑になるのはできるだけ避けたい。

なので、ヒマそうな時間帯に行くようにしているし、後ろに人が並んだ時は、順番を譲ってあげることにしている。

だから、今回の「お昼の混雑したコンビニで公共料金支払い」は、悪いことだと言えるだろう。

番組でも、マナー講師や心理カウンセラーなどの専門家たちが、「他人をイライラさせるとわかっている行為は避けるべき」ということで、悪いという結論を出していた。


でも、もし私が後ろに並んだ人の立場だったら、これまたちょっと違うのよね。

急いでいる時に、前の客がもたついていたら、そりゃ腹も立つ。

でも、そんなことでイライラせず、鷹揚な気持ちで終わるのを待つのが、時間に追われなくなったセミリタイアのあるべき姿だろう。

考え方ひとつでストレスを減らせるのなら、それに越したことはない。

なので、私の結論はこうだ。

自分がするなら「悪い」けど、他人がする分には「悪くない」。



※ちなみに、昨夜初めて観た「コレって私、悪くないよね?」は、昨夜が最終回でした。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング