ボランティア登録が完了した「2017冬季アジア札幌大会」の第1回研修が、先日、白石区の札幌コンベンションセンターで行われた。

天気もよかったので、チャリンコでひとっ走りして、参加してきた。

【スポンサード リンク】


2016092101

会場の大ホールには、端から端までぎっしりと机が並べられ、研修開始時間には、そのほとんどが埋まる盛況ぶり。

年齢層はやっぱり高めの人が多かったが、中には学生の姿もちらほら見受けられた。


2時間半の研修で、大会の概要や、スポーツボランティアとしての心構えを学んだ。

お話を聴くだけでなく、参加型のゲーム的なカリキュラムもあって、他人と触れ合う機会がここ最近なかった私には、とても楽しくて刺激になった。



研修の中で、「スポーツボランティアの活動動機」を調査した結果が紹介されていた。

2016092103

会社員時代も、ボランティアには取り組んできた。

しかしそれは会社主導がほとんどで、自主的に参加しようと思ったものは皆無。

「会社の取り組みだし、みんなやるから私も」という感じで、お仕事的な感覚がなきにしもあらずだった。


でも、今回のボランティアは違う。

ここに挙げられている動機すべて、今の私の胸の内にあるものだ。

セミリタイアすると、社会とのつながりが希薄になることは想定していたし、それに対する耐性は他人より強いと自負している。

しかし、こういう機会があれば、やってみたいと思う気持ちがあるのも、また事実。

人と一緒に何かをするのは、やっぱり楽しいもの。


セミリタイアしたからこそできること、っていうのもいいよね。

時間だって自由に使えるし、ボランティアだから完全に無給だけど、まったくノープロブレム。

逆にこれが意にそぐわない仕事だったら、たとえお金をもらえたとしても、やろうとは思わない。

そんなことするぐらいだったら、セミリタイアせずに前の仕事を続けていた方がマシだ。

収入は格段に多かったし、やりがいだってそれなりにあったから。

それを捨ててまで、今の生活を選んだのだから、そんなことには一分たりとも時間を費やしたくない。


「タダ働きはいいけど、お金のために働くのはイヤ」なんて、矛盾しているように見えるけど、私の中ではごく自然な考え。

要は、賃金の有無ではなく、その行為に自分の大切な時間を費やす価値があるかどうか。

人生は一度きりで、しかもそう多くは残されていないのだから、これっぽっちも無駄にはできないのだ。

だって、泣いても笑っても、もうアラフィフなんだもの。



今回の研修はとても楽しくて、大会に向けてのモチベーションアップにつながった。

1ヶ月後の第2回研修が、今から楽しみだ。



こちらは、会場で全員に配られた、大会マスコットキャラクターのエゾモンピンバッジ。

2016092102

くまモンのパクリみたいネーミングだけど、だんだん愛着がわいてきた。


人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか
人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか西條 剛央

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング