まずはじめに、誤解のないようにしておきたい。

私は、会社や仕事が大好きな人々を尊敬しており、感謝もしている。

彼らの労苦をいとわない働きが、今の日本を支えているのであり、私が「セミリタイアな日々」を送れるのも、彼らあってこそだから。

これから記事にする同期のNも、そういう意味においては、ありがたい存在である。



【スポンサード リンク】


2016112901

Nは、私と同じ年に同じ会社に入った、大勢いる同期のひとり。

本社での新入社員研修が終わり、彼は北海道のある地方に配属された。

配属が札幌だった私とは、会う機会はそう多くはなかったが、たまに道内勤務組で集まったりして、親交を深めていた。


しかし私は、その頃からNが苦手だった。

あまりにも社交的すぎるのだ。

相手が誰であろうと分け隔てなく、強い押し出しで接する彼のパワーには、そばにいるだけで圧倒される。

内気な本性をひた隠し、懸命に明るくふるまっている私の、うわべだけの笑顔ではまったく太刀打ちできなかった。


そんな彼だから、仕事をすればすこぶる有能で、同期の中ではトップランナーの出世を果たす。

早いうちから責任のある役職につき、激しいプレッシャーをはね返して実績を挙げていた。

彼の名前がボードの端っこに載る日も、そう遠くはないだろう。



そんなNと最後に会ったのは、数年前のこと。

私が勤務していた場所に、彼が出張でやってきたのだ。

その時すでにかなり出世していたNは、地方の一スタッフだった私と、同じ職場にいたもうひとりの同期を飲みに誘った。

社内的な格差はあれど、田舎の居酒屋に同期だけで集まれば、そんなのは関係ない。

気の置けない仲間同士の楽しいバカ話で盛り上がるものと、私は思っていた。


しかし、Nの思惑は違ったのだ。

乾杯のあと、彼は大声でこう言い放った。

「オレはお前たちと仕事の話がしたいんだ!」


その後2時間にわたり、会社の将来や問題点について、喧々諤々の議論が続いた。

会が終わり、Nはこう言って、その日の宿へ帰っていった。

「今日は本当にいい飲み会だった!またやろうな!」

颯爽と歩き去るNの後ろ姿を見送り、疲れ切った体で帰宅したのは言うまでもない。



私は、飲みの場で仕事の話をするのが、昔から好きではない。

内容が前向きであろうと、後ろ向きであろうと関係なく、仕事の話はつまらないのだ。

上司の誘いは断れないので、仕事トーク好きな人には合わせるけど、そういう飲み会はただしんどいだけ。

だから、私が後輩を連れて行くときは、「今日は仕事の話禁止!」とけん制していた。

でないと、せっかくの楽しいお酒がまずくなっちゃって、お金も時間ももったいないからね。



あの飲み会が決定打となり、以後私はNとは一度も会わず、退社後も連絡を取っていない。

携帯の番号も、とっとと削除しちゃった。

もう私の人生とは関わり合いのない人なのだ。

退社していなければ、同じ会社だし、同期だし、しかも相手はえらくなっちゃっているから、無視なんてできないだろう。

決して悪いやつじゃないんだけど、とにかくとことん苦手。

しかし、セミリタイアしたからこそ、疲れるポジティブ同期との縁も切ることができた。

これって間違いなく、Win-Win だよね。

Nにはぜひ、社長を目指してがんばってほしいものだ。


決定版 出世のすすめ (角川新書)
決定版 出世のすすめ (角川新書)佐々木 常夫

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング