老後破産がテーマだったら、ねこじゃらしを前にしたねこのように、喜んで飛びついてねこパンチを繰り出してきたこのブログ。

しかし、最近議論になっている貧困JK問題については、ちょっと距離を置いていた。

今回の件では、批判派でも擁護派でもないから。

【スポンサード リンク】


2016090701


確かに彼女の生活ぶりは、貧乏人の苦労とはかけ離れているところが少なからずある。

それでも、彼女の家が比較的貧乏なのは事実だろう。

しかし、それは彼女のせいではない。

中高年の貧困は十中八九自己責任だが、若者の貧困の原因は親や社会、というのが私の考えだ。

だから、この女子高生が一方的に批判されるのは、ちょっと違和感を感じるのよ。


そこで今日は、彼女の話とは切り離して、この件でよく出てくる1,000円ランチについて考えてみたい。


単純に、「ランチで1,000円は高いか?」と訊かれたら、間髪入れずに「高い」と答える私。

サラリーマン時代、会社の近くで食べるランチは、平均すると700円ぐらいだったかな。

「今日はがんばったから自分にごほうび!」なんてOL的な頭もなかったので、ランチに1,000円以上かけることなんて、月に1回どころか、年に1回もあったかどうか。

メニューで4ケタの金額を見ると、即座に「ピピピ!これは対象外です」という判断を脳がくだす仕組みになっていた。

ああいうのはセレブか、旦那の金を勝手気ままに使える奥さん連中のものだと思っていた。


今だって、ランパス使用が原則なので、ランチ代金はたいてい500円だ。

1,000円なんて論外さ!


…と思っていたのだが、よく考えたら、そうじゃないケースもあることに気づいた。

ランパスの店で500円を払ったあと、コーヒー&読書タイムのために、ドリンクつきメニューがある別のランパスの店に行くことが、時々あるのだ。

つまり、ランパスのはしご。

これって、合計したら結局1,000円よね。

なんだ、私もやってるじゃん、セレブな1,000円ランチ。


しかし、これについては少し自己弁護したい。

支払った金額は1,000円だけど、これは割引後の金額であり、本来の代金はもっと高い。

1回あたりの割引額は大体350円くらいなので、1,000円払ったということは、元々1,700円のメニューだったわけだ。

1,700円が1,000円になるんだよ。お得じゃん!


…これが世に言う貧乏性だ。

割安感があると、思わず飛びついてしまう。

スーパーの値引き品をつい大量に買ってしまうのも、根っこは同じ。

結局、不要な支払いが増えてしまうだけなんだけど、買った本人は幸福感に包まれているのよね。


つまり、同じ1,000円ランチでも、ご褒美的なケースと貧乏性な私とでは、どこかが違っている。

果たして、どっちがマシなのかしら?

少なくとも、セミリタイアして節約しようとしているのに、ランチで1,000円は高すぎるわね。

他人のことを言う前に、わが身を振り返ろうっと。


食べログ3.5点以上の最強コスパ店を一冊にまとめました (扶桑社ムック)
食べログ3.5点以上の最強コスパ店を一冊にまとめました (扶桑社ムック)食べログ3.5点以上の最強コスパ店を一冊にまとめました

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング