3月に入っても、まだまだ雪深い札幌の街。

ちょっと気温が上がると、歩道の氷がとけて滑りやすくなって、真冬よりも気をつかう季節だ。

それでも、少しずつ春が近づいてくるのを実感して、気持ちも上向きになる時期でもある。

【スポンサード リンク】


2016030801

最近は、最高気温が0℃以下の真冬日は減ってきたものの、最低気温はなかなかマイナスから抜け出せない。

しかし昨日は、予報の段階で最低気温もプラスとなっていて、暖かい一日だった。

(実際の気温は、最高が7.6℃、最低が3.1℃だった→goo天気


昨日は、ユナイテッドシネマズ札幌で「ヘイトフル・エイト」を観るために、午後から家を出た。

いつもより重ね着を減らして外に出たのだが、全然問題ない陽気だった。

しばらく徒歩で中心部へ向かっていたのだが、車道を見ると、ほとんど雪は残っていない。

これはもしや、アイツの出番か?!


そう、アイツとは、昨年のクリスマスイブに活躍して以来、ずっと玄関の肥やしになっている自転車だ。

細い道だと、まだ雪山が邪魔だったりするのだが、片側2車線の道路なら、除雪もされているので大丈夫そう。

というわけで、急遽自宅に引き返して、2ヶ月半ぶりにチャリンコにまたがったのだ。


ひさしぶりに自転車に乗ると、結構な体力を使うことに改めて気づいた。

サッポロファクトリーに着いた時には、心臓バクバクだったもんね。

徒歩でもそれなりの運動にはなるんだろうけど、これなら自転車の方が負荷は大きそう。

移動時間もかなり短縮されるし、一石二鳥だ。


帰りはすっかり暗くなっていて、路側帯の黒い影が、雪の名残なのか、冬に撒かれた砂のふきだまりなのか判別がつかず困った。

日中はともかく、夜に乗るのは、まだちょっと怖いね。


あと、「車道走行時に困る3つの障害物」でも書いたが、車道の端を走る自転車にとって、路駐の車は本当に迷惑だ。

駐停車禁止の場所でない限り、文句を言える法的根拠がないのが困るのだが、せめて停車中のドライバーは、「今、私は、道行く自転車の邪魔になる行為をしているんだ」という意識を持ってほしいわ。

これは、道交法を守って安全に運転したいチャリンコ乗りの、切なる願いだ。


春も近いと喜んでいたのだが、予報を見ると、今日の最低気温は0℃とちょっと下がったし、明日以降も、またマイナスに逆戻りだ。

雪が消えるまで、あとひと月はかかるかな。

札幌の春は、まだ先になりそうだ。


ママじゃらん北海道 2016春夏: リクルートSPECIAL・EDITIONママじゃらん北海道 2016春夏: リクルートSPECIAL・EDITION


リクルートホールディングス 2016-03-15
売り上げランキング : 121895

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング