昨日、「クリード チャンプを継ぐ男」の試写会に行ってきた。

あの「ロッキー」シリーズの、まさかのスピンオフ作品だ。

私にとって、これが今年最後の試写会となった。

【スポンサード リンク】


2015121201


この試写会の主催はHTB。

そう言えば、今年最初の試写会となった「マエストロ!」もHTBだった。

司会は、今年2年目の福田太郎アナ。

やたら噛んでいたけど、爽やかさでカバーしていました。

映画も、「ロッキー」シリーズへの愛が感じられて、思わぬ拾い物だった。



『試写会』という遠い存在」で書いたとおり、セミリタイアしたら試写会の恩恵に預かるのが夢だった。

そこで、この1年の実績を振り返ってみたい。


今年1年間で試写会に行った回数は26回で、オンライン試写会も含めると28回となる。

観た映画は次のとおり。

作品
1「マエストロ!」
「くちびるに歌を」★
2「娚の一生」
「アメリカン・スナイパー」(2回)
「ソロモンの偽証 前篇・事件」
3(なし)
4「王妃の館」
「ビリギャル」
5「脳内ポイズンベリー」
「ラン・オールナイト」(2回)
「鏡の中の笑顔たち」★
「おかあさんの木」
6「愛を積む人」★
「極道大戦争」
「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」
「ストレイヤーズ・クロニクル」
7(なし)
8「S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」
「天空の蜂」
9「バクマン。」
「罪の余白」
10「トランスポーター イグニション」
「劇場版 びったれ!!!」✩
「劇場版 MOZU」
11「杉原千畝 スギハラチウネ」
12「人生の約束」★
「クリード チャンプを継ぐ男」
「完全なるチェックメイト」✩
(★:舞台挨拶あり、✩:オンライン試写会)

これだけの映画を、公開前に試写会で観られるなんて、セミリタイア前なら考えられなかった。

平日の夕方に仕事を抜け出すのは、現実的に不可能だったから。

行けないと思うから応募もしなかったのだが、応募すればまあまあ当たるものね。

もちろん、この何倍もはずれているんだけど。


試写会ひとつをとっても、「セミリタイアしてよかった」と、心から思う。

本当に幸せな1年だった。

来年は、もっとこまめに応募して、もっと多くの試写会に行ってみたい。

今年が28回だったので、30回越えを目標にしようかな。


<12/22追記>

クリード」で最後だと思っていたら、さにあらず。

今日行ってきた「ブリッジ・オブ・スパイ」が、本当に今年最後の試写会になった。

なので、今年の最終結果は29回だ。

うん、いい一年だった。


映画宣伝ミラクルワールド 東和ヘラルド松竹富士独立系配給会社黄金時代映画宣伝ミラクルワールド 東和ヘラルド松竹富士独立系配給会社黄金時代
斉藤 守彦

洋泉社
売り上げランキング : 195002

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング