各金融機関が提供する退職金運用プランは、退職者だけに認められた期間限定の特権だ。

私もその恩恵に預かっており、3か月前に預け先を変更した。

あれから3ヶ月がたち、また預け替えの時期が到来した。

【スポンサード リンク】


2015100501

前回、退職金を任せたのは、三井住友信託銀行の「退職金特別プラン 定期預金コース」。

実際の退職金額を超えて預け入れができるため、その他の余剰資金もかき集めて、上乗せ預金していた。

しかし残念なことに、このプランの利率は10月から0.2%下がって、1.4%になってしまった。

それでも悪くない利回りなんだけど、もっといいところはないか探してみた。

そして、ここに決めた。


退職金プラン セブンパック 退職金パック(七十七銀行)

この商品も、5,000万円を上限に、実際の退職金以上の資金を預けることができるのだ。

しかも利率は、1.525%(税引き後1.21519625%)

これなら、現在運用中の資金全額をそのまま移し替えて、有利な利回りで運用できる。


募集期間が年末の12月30日までだったので、三井住友信託銀行が満期を迎えると同時に解約し、窓口で現金を受け取って、そのまま七十七銀行に人力輸送した。

平成27年最後の営業日は相当混むだろうと予想して、前もって予約しておいたのだが、行ってみると驚くほど閑散としていた。

窓口にあったカレンダーに、年末の混雑予想が書いてあったのを見ると、ピークは数日前だったようだ。

こんな年の瀬も押し迫った日に、あたふたしている人はあんまりいないということだろうか。


退職金プランのほとんどは、基本的に退職後1年以内の退職金を対象としている。

私は昨年1月退社なので、普通なら今回が最後の運用チャンスとなったところだ。

しかし、探せばいろいろあるもの。

退職後1年6ヶ月までOKという、ありがたい営業をしているところもあったりして、また預け替えをすることになりそうだ。

この続きは、3ヶ月後の「退職金お引越し大作戦 春の陣」をお楽しみに!


ゆとり老後のためのお金の教室―老後資金の運用で迷う63の疑問ゆとり老後のためのお金の教室―老後資金の運用で迷う63の疑問
横田 濱夫

双葉社
売り上げランキング : 1283061

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング