ブログの記事を投稿する時間」を18:00に決めて、9月29日からずっと続けてきた。

その記録が、昨日ついに途絶えてしまった。

30分遅れて18:30になってしまったのだが、これには理由がある。

【スポンサード リンク】


2015111901

昨日の記事を書き始めたのは、いつもより遅めの17:00。

ネタは決めていたので、時間はかからないはずだった。

そこへかかってきた一本の電話。

元部下からだ。


彼女は、このブログにも何度か登場済み。(「売られたケンカを買った」「今夜はもつ鍋パーティ!」ほか)

私が会社を辞めて、北海道に引っ越したあとも、電話で連絡をとっていた。

こちらからの用事もあるが、大半は向こうからのお悩み相談だ。

問題の大小に関わらず、事あるごとに私の助言を求めてくる。

ついつい話し込んでしまって、そのほとんどが1時間超え。


昨日は、電話がかかってきた瞬間に、「定時のブログ更新は無理かなー」と思った。

せっかく1ヶ月以上続けてきたマイルールなので、「今は忙しいから、あとで電話して」と言おうかなとも思った。

でも、それはしなかった。

自分を頼ってくれる人の相手をすることと、ブログの更新時間を守ること。

その優先順位なんて、初めから決まっている。考えるまでもない。


彼女は、仕事と私生活の両方で常に問題を抱えており、「よくまあそんなにトラブルネタがあるもんだ」と感心するほど。

共感して同情する話もあるし、あきれてしまって思わず笑っちゃう時もある。

だからと言って、さらっと聞き流すと、「ちゃんと聞いてますか?」と問い詰められるので気を抜けない。


「女は話を聞いてほしいだけで、男のアドバイスは求めていない」とは、よく聞く話だ。

下手に意見なんかしたら、「そんなこと言われたくない!」などと、逆ギレされることだってある。

女性の多い会社にいたので、そのあたりのことはしっかり学んだつもりだ。

しかし、彼女の場合は、まったく違う。

常に、私の意見を求めてくるのだ。

「うーん、よくわかんないわ」なんて言った日には、「ちゃんと考えてください!」と怒られちゃう。

なので、「他人の人生なのに、こんなに悩むとは…」と思うほど、こちらが頭を抱える時もある。


それだけ私も真剣に対応しているので、仕事を離れてから1年も経つのに、いまだに頼られているのかもしれない。

それはそれで、悪い気はしないのよね。

しばらく電話がないと、「ちゃんとやってんのかな?」と心配になるし。


人と会っていたり、携帯の電源を切るような場所にいれば別だが、それ以外の時はちゃんと対応するようにしている。

昨日も、キーボードを打つ手を休めて、話を聞くことにした。

人生の転機を迎えているらしく、内容もなかなかヘビー。

電話を終えたのは、18:00だった。

そこから記事を書き上げたので、更新時間は18:30になったのだ。


「そろそろお金もらってもいい?」とよく言うのだが、もちろんそれは冗談。

彼女が私を元上司と思っている限り、この電話無料相談は続きそうだ。

セミリタイアして、時間だけはあるのでね。


きょうも誰かが悩んでる - 「人生案内」100年分きょうも誰かが悩んでる - 「人生案内」100年分
読売新聞生活部

中央公論新社
売り上げランキング : 21357

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング