ランチをとるために、外気7℃の寒さの中、自転車を飛ばしてすすきのへ向かった。

入ったお店はココ。



【スポンサード リンク】


麺屋 國光

kunimitsu01

ここで食べたのが、1,600円もする「北海道盛りラーメン」という高級メニュー。

kunimitsu02

チャーシュー、卵、ネギといった定番の具に加えて、北海道らしいトッピング(ホタテ、カニ、コーン、バター)が所せましとひしめきあっている。

味噌にバターの風味が合わさって、スープはきわめて濃厚。

しかし一番驚いたのは、カニでもホタテでもなく、チャーシューだ。

写真で見てもかなり大きいのだが、実はかなり厚みがある。

しかもホロホロの柔らかさで、肉の美味さが存分に味わえるのだ。

なんと豪勢なラーメンなんだろう。

1,600円というのも、相応な値段なのかも。


でも、ラーメン一杯にそんな大金を出せるのは、どこぞの大富豪か、旅先で太っ腹になっている観光客ぐらいだろう。

私もそんなお金は、宝くじでも当たらない限り出せない。

そんなラーメンを、今日はなんと半額の800円で食べることができたのだ。


そう、今日11月11日はご存知めんの日。(え?知らない?)

各地でイベントをやっているようで、ここ札幌でも行われている。

それが、元祖さっぽろラーメン横丁の「ラーメン半額DAYだ。


今年で5回目らしく、5年ぶりに札幌に戻ってきた私には、当然初耳。

半額という甘い言葉に誘われて来てみたのだが、普段ならまず足が向かないのが、このラーメン横丁だ。

全国的にも有名だし、札幌に遊びに来てラーメンを食べようと思ったら、大体ここで用を済ますはず。

つまり、「ザ・観光客向けラーメン街」というイメージが強くて、舌の肥えた地元民を満足させる味は提供できないだろう、という思い込みがあるのだ。

先の北海道トッピングも、まさに道外人向けという感じだし、値段もまた然り。

いくらなんでも1,600円は高いわ。


今日は全品半額だったので、逆に観光客気分を味わってみようと思い、一番高いメニューを注文してみた。

たぶん、同じ横丁内でも、これより高いラーメンはないんじゃないだろうか。

お得感もあって、とても満足する結果となった。


しかし、満足度が高かったのは、安かったからだけではない。

思っていたよりも、ちゃんと美味しかったのだ。

観光客向けという色眼鏡で見ていたのだが、今の時代、そんな甘いやり方では生き残れないのだろう。

普通の値段のラーメンもいっぱいあったので、また来てみてもいいかな、という気になった。


…そう言いながら、また来るのは1年後だったりして。



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング