6月にnanacoモバイル、7月にnanacoカードを作って以降、各種税金はセブンイレブンで支払うことにしている。(「nanacoで税金を支払った」を参照)

クレジットチャージすると、カードのポイントがつくのがメリットなのだが、いいことばかりではないのが難点だ。

【スポンサード リンク】


2015101801

それは、セブンイレブンの店員さんの操作不慣れ

6月と8月の住民税、7月の所得税予定納税、9月の固定資産税と、4回の納税をこの方法で支払ってきたが、スムーズに進んだことが一度もなかった。

あらかじめ、「センター預かり分もありますので」と申告していても、そこまで一気に処理してくれる店員さんは皆無。

不足分を現金で支払うように催促されるので、もう一度センター預かり分に言及したのだが、それでも4回中2回はポカンとされた。

やり方がわかっていないのだろう。

「ちょっと待っててください」と、先輩店員にヘルプを求めに行ってしまう。

一度は5分も放置されたのだが、「難しいこと頼んでるんだなあ」と思って、文句も言わず待っていた。


住民税の時は金額が大きいので、モバイルとカードを両方駆使するのだが、それをお願いしても理解されないことがあった。

この時も、「難しいこと頼んでるんだなあ」と思って、粘り強く説明をしたっけ。

社内で、「こういう面倒くさいのはやめましょう」という話が出ると、こちらも困るのでね。

私も気をつかってるのよ。


もうひとつ、気をつかっていることがある。

面倒な客とマークされないよう、毎回お店を変えることにしているのだ。

今月も住民税の支払いがあったので、一昨日、セブンイレブンに行ってきた。

家の近所なんだけど、あまり使わない通りにあったので、今まで一度も行ったことのない店舗だった。


税金支払いだけじゃ悪いと思い、先に千切りキャベツなんかを買ってみたり、時間がかかると悪いので、列の後ろの人に順番を譲ったりした。

そうして回ってきたマイ・ターン。

レジを担当するのは、若い女性だった。

経験則として、若い店員の場合、時間がかかることが多かったので、「今回もグダグダかも」と覚悟をした。


ところが、予想に反してこの店員さん、すべての行程をテキパキとこなしてくれたのだ。

センター預かり分の対処もスムーズ、モバイルとカードの連携もスムーズ、何から何までスムーズだった。

思わず感動しちゃったわ。

最後には、こちらから「ありがとう」と言って、お店をあとにしたほどだ。


あんな若い店員がちゃんとしてるんだから、あのお店は教育が行き届いているんだろう。

今後の支払いは、あそこに全部任せることにしよう。


セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)
緒方 知行,田口 香世

日本経済新聞出版社
売り上げランキング : 12850

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング