老後に住みたいのはどこ?北海道はどう?」の記事の元になった、日本生命のアンケート調査には、もうひとつ興味深い質問があった。

「老後に不安を感じない」と答えた人に、その理由を訊いているのだ。

【スポンサード リンク】


「老後に不安を感じますか?」の質問に、6割の人が「感じる」と答えた。

「不安を感じること」としては、「老後の資金」(27.1%)、「病気・けが」(16.9%)、「年金制度の今後」(12.8%)、「自分自身の介護」(11.9%)、「親の介護」(9.4%)が上位となっている。


一方、「不安を感じない」と答えたのは、わずか1割だった。

その理由として挙げられた回答を見て、思わず笑ってしまった。

だって、ほとんど自分にあてはまっちゃうんだもの。


1.十分な貯蓄があるため(17.2%)
→セミリタイア後の収支シミュレーションを散々やったので、自分ひとりがなんとか生きていく分には、必要十分な貯蓄はあるんじゃないかな。もちろん、贅沢できるほど余ってはいないけど。

2.健康維持に努力しているため(17.0%)
→セミリタイア前に比べれば、筋トレやウォーキングなど、運動量は明らかに増えている。毎日、体の数値を測定して気にかけているし、毎年の健診もおろそかにするつもりはない。健康は、セミリタイア生活でもっとも大事なものだからね。

3.個人年金保険を積み立てているため(14.5%)
→若いうちから加入していたので、比較的安い保険料で積み立てができている。受取期間も長めにしてあるし、金額も普通の人よりは多いんじゃないかな。

4.相談できる(頼れる)家族がいるため(10.7%)
→おひとり様とはいえ、実家のある北海道に戻ってきたので、何かあればすぐに帰って、母や妹に相談することは可能。特にわが妹は、年が離れているにも関わらず、私よりもしっかりしていて、頼りになる存在だ。

5.老後のプランをしっかり立てているため(9.7%)
→この回答には、お金のことだけじゃなく、生き方についても含まれているのだろう。セミリタイアにおいては、ある意味もっとも大事な部分だ。やりたいことが山ほどあって、セミリタイアしても時間が足りないと思っているくらいなので、この件は問題ないはず。

6.資産運用を行っているため(7.7%)
→いわゆる金融資産の運用は確定拠出年金だけだが、不動産投資も含めれば、私のセミリタイアは資産運用で成り立っていると言える。

7.老後のために節約しているため(6.9%)
→老後のためというわけではなく、常に節約するクセがついてしまっている。これがなければ、セミリタイアなんて無理。

8.生命保険への加入・見直しを行ったため(6.2%)
→セミリタイア後の収支シミュレーションでは、病気やけがなどの臨時支出を一切考えていない。なぜなら、それに備えるための必要十分な生命保険に加入しているから。安心を切り捨ててまで、この部分の支出を削るつもりはないね。

9.資格取得など自己研鑽をしているため(2.6%)
→この回答は、退職後も資格を活かして仕事をするためだろうから、私には関係ない。だって、もう仕事はしないから。

10.副業をしているため(1.6%)
→会社員時代はサラリーマン大家さんだったが、セミリタイアした今は、これが本業になってしまった。いや、本業という意識はないな。今でも大家さんは、副業という感覚だ。

11.専門家(FP等)に相談しているため(0.7%)
→私自身FPなので…。


というわけで、9番の回答以外はすべて、私のケースにあてはまるという結果になった。

「こんなに老後に不安がなくて、私ってただの能天気?」と思っていたのだが、この結果を見て納得した。

セミリタイアに不安はつきものなので、その不安をいかにして減らすかということに、ずっと尽力してきたのだ。

不安が残っていたら、セミリタイアに踏み切っていなかったかもしれないね。

自分がそれほど慎重な人間だと思ったことはなかったけど、結構堅実なのかしらん。

おかげで今は、大きな悩みもなく、ストレスフリーに生きております。


おひとりさまの老後のお金と暮らしの本おひとりさまの老後のお金と暮らしの本
百田 なつき(編著),にしだきょうこ(イラスト),畠中 雅子,吉川 美津子

マイナビ
売り上げランキング : 140211

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング