6月7月に引き続き、わが家の家計についての記事。

先月はいい感じの黒字だったが、今月はまたしても赤字に転落してしまった。



【スポンサード リンク】


収入面では、失業手当が30日分支給されたものの、7月の携帯乗り換えキャッシュバックのような臨時収入はナシ。

なのに支出面では、住民税の第2期支払いがあって、これでまず20万円弱がふっとんだ。

加えて、確定拠出年金の掛金支払い(月67,000円)もスタートしたのだが、最初なぜか2ヶ月分が引き去られていて、こちらも13万円強の出費となった。

さらに、大腸内視鏡検査や片頭痛の薬代など、イレギュラーな医療費もバカにならない。

結果、収支のバランスは大きく崩れ、数ヶ月ぶりの大赤字となってしまった。


とは言え、セミリタイア初年度の税金や社会保険料の負担が重いことは、初めからわかっていたこと。

確定拠出年金だって、結局は将来の自分のための出費だ。

単月収支の赤や黒の色の違いで、一喜一憂しているわけではない。


私は、エクセルで作った自前の家計簿で、毎月の支出を把握しているのだが、全体を「固定費」と「変動費」の二つに分けている。

「固定費」に含まれるのは、税金や社会保険料、投資用不動産の経費、現住マンションの管理費や修繕積立金などで、その他は「変動費」としている。

固定費の方は、生き方を変えでもしない限り、自分では変えようがない。

一方、変動費は、日常生活の中でどうとでもなる部分である。


この変動費の推移が、私にとってはとても重要なのだ。

札幌移住後、しばらくは初期費用がかかったが、最近は落ち着いてきた。

特に、自動車を手放した6月以降は、セミリタイア前のシミュレーションよりも少ない額で生活できている。

映画観まくり、食べ歩きまくりの毎日にも関わらず、だ。


財布の紐をしぼろうとすれば、しぼれる余地はまだたくさん残っている。

お金を減らしたくなければ、我慢すればいいだけ。

でもそれは、私のセミリタイアの目的に合致しない。

だって、人生を楽しむためにセミリタイアしたんだから。

これからも、無駄なことにお金は使わず、でもやりたいことはあまり我慢せずに、今の生活を続けていこうと思う。

お金は、貯めるものでもあり、使うためのものでもあるのだから。


あの人はなぜ、お金に好かれるのか?あの人はなぜ、お金に好かれるのか?
秦 由佳

PHP研究所
売り上げランキング : 121316

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング