Yahoo!の意識調査で、「『週休何日』欲しい?」という質問があり、現在投票受付中だ。

【スポンサード リンク】


この質問は、ユニクロ週休3日制導入のニュースを受けてのもの。

ファストリ、『週休3日制』を一部導入 10月から地域正社員が対象

国内の「ユニクロ」約840店で働く転勤のない「地域正社員」約1万人のうち、本人が希望すれば週休3日を選択できる。来店客でにぎわう土日や祝日は原則出勤してもらい、それ以外の平日で3日休んでもらうことにする。

労働時間を1日単位ではなく、週や月といった一定の期間でとらえる「変形労働時間制」を活用することで、1日8時間の勤務を10時間に伸ばすため、週休2日の場合と給与水準は変わらない。
(産経ニュース 2015/8/20)

飛ぶ鳥を落とす勢いだったユニクロも、ブラック企業のイメージを払拭しようと必死みたい。

いくら有休があっても、周りを気にして取りづらいのが日本企業だから、会社がこういう選択肢を増やすのはいいかもしれない。

出勤日の8時間勤務が10時間になると、1日の労働負荷が増えるように見えるけど、実際は何の問題もない。

たいてい、それ以上に働いているだろうから。


私も会社員時代は毎日、朝7時に出社し、夜8時に退社していた。

昼の1時間を差し引くと、12時間勤務だ。(実際には1時間も休めないけど)

しかもこれは最近の話で、入社した頃はもっと長い時間、会社に拘束されていた。

「そんなのまだまだトゥースウィート」とおっしゃるブラック・ワーカーの方々もいるだろうけど、それでもやっぱり残業時間は多い会社だったと思う。

だから、この制度がもしあったら、間違いなく活用していたはずだ。

だって、まるまる一日休みって、のどから手が出るくらいほしかったもの。


冒頭の質問に話を戻そう。

「週休何日ほしい?」の問いに対して、本日現在もっとも多いのは「3日」だ。

全体の半数超が、この答えを選んでいる。

週休2日の会社に勤めている人の、「あと1日休みが多かったらうれしいなあ」という願望を反映しているのだろう。


次に多い答えが「2日」で、全体の3割弱を占めている。

現実的に週2日も休めない会社で働いている人が、「せめてこうなってほしい」と思って回答したのかな?

もしくは、週休2日という現状に問題がなく、逆に休みが増えても困ってしまう、という人がいるということかしら。


そして私の回答だが、みなさんもうお分かりですよね。

そう、「7日」です。

毎日がお休み。


ところが、「7日」という項目がなかったので、「5日以上」をポチっと押した。

この質問を作った人は、週休2日制が日本の常識と考えているのか、選択肢は1日から5日まで用意すれば十分と思ったようだ。

週休2日で「5日」と答える人=1日も働きたくない人。

だから、6日でも7日でも考え方は一緒だろ?ってことなんでしょうね。


「5日以上」を選んだ人の割合は、全体の1割。

つまり10人に1人が、常に「会社を辞めたい」と考えているか、もう辞めたかのどっちかなのだろう。

この割合が多いのか少ないのか、私にはわからない。

ただ、日本の経済がちゃんと回っていくためには、ここはあんまり多くなっちゃいけないよね。

セミリタイア? そんなこと滅多に考えるもんじゃありません。


まあ、私がそんな心配しなくても大丈夫かな。

セミリタイアなんて大博打、みんなそう簡単に手は出さないでしょ?


『週休何日』欲しい?」の投票は、8/30まで受付中です。


週休3日の成功ルール週休3日の成功ルール
M. アレン,小川 敏子

講談社
売り上げランキング : 83699

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング