先週の土曜日、なんとなくTVを見たら、こんな番組をやっていた。

1週間も経っちゃったけど、反面教師な話なので、取り上げておきたい。

【スポンサード リンク】


生活保護の手前にセーフティネットを設けようと4月に始まった国の「生活困窮者自立支援制度」。新設された窓口に「働けない」「困っている」とやってくる人の多くが、就労だけでなく、借金を多く抱えていたり、家族関係にも問題があった。必要なのはどんな支援か?目指すべき自立した生活とは?若者から中高年まで、相談者のさまざまな困り事に向き合い、模索しながら寄り添う支援員。千葉市稲毛区の相談センターに密着した。
(NHKオンラインの番組サイトより)

生活保護世帯の増加を抑えるために、今、全国の自治体に相談窓口が設けられているそうだ。

こういう制度がスタートしていたこと自体、知らなかった。

「条件が合えば生活保護」という、今までのお役所仕事から一歩進んで、「病気や家族関係など問題の原因を探り、それを解決することで、生活保護の手前で暮らしを立て直すことをめざす」んだって。


千葉市稲毛区の相談センターには、すでに400人が訪れている。

番組で取り上げられたのは、50歳の男性。

正社員だったけどうつ病で退職し、その後病気を隠して再就職するも続かず、失業状態とのこと。

この人の希望は正社員として働くことだったが、「また同じことになる」と言って、支援員は正社員以外の働き方を提案していた。

さらには、「再就職先に病気のことを伝えるべき」とアドバイス。

この人にとっては、目からウロコだったみたい。


この人は、74歳の母親と二人暮らしで、今は年金頼みの生活。

それだけではやはり大変で、母親は「早く働け」とプレッシャーをかける。

最終的に、1日4時間の梱包作業のパートを紹介されていた。

病気のことも伝えた上での就職なので、気分も楽だったようだ。



支援の効果が出てきた人も紹介されていた。

去年、くも膜下出血で右半身に麻痺が残り仕事を辞めた、62歳の男性。

同じ頃に離婚して、ストレスからパチンコで浪費し、税金を滞納するようになった。


この人の家に出向き、家計を指導する支援員たち。

見ると、食費がひとりで月4万円だって!

セミリタ業界関係者が聞いたら、「アホか!」と怒鳴りたくなる放漫ぶりだ。

さすがに今ではパチンコから足を洗ったようだが、他にもツッコミどころはいっぱいありそう。

こういう生活力のない浪費家が、いずれどうにもならなくなって、最後は生活保護の世話になっていく。

同情は致しかねますな。

節約系のブログを読んで、ちっとは勉強しなさいよ。

毎日こんなの相手にする支援員の、苦労がしのばれます。



札幌市も、「札幌市生活就労支援センター ステップ」という相談窓口を、4月に開設している。

こういうところに頼らなくても生きていけるように、お金のことや健康面に気をつけなきゃ。

こういう番組は、自分に対する戒めだね。


NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 (宝島SUGOI文庫)NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 (宝島SUGOI文庫)
NHK取材班

宝島社
売り上げランキング : 148661

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング