今年初めに発表した抱負の進捗状況を確認するシリーズの最終回。

今回は、私のセミリタイア生活における、ある意味いちばん大事なことについてだ。

【スポンサード リンク】


セミリタイア元年の抱負(ねこ編)

はぁっ……」とため息をついた通り、猫アレルギーであることが判明した。

うすうす気づいてはいたので検査を受けたのだが、レベルによっては薬でもなんでも飲んで、無理やり飼うつもりでいたのだ。

で、結果は中程度だったので、これ自体は想定内。


しかし、一緒に受けた他のアレルギーが驚きの数値で、あごが外れそうになった。

こっちの方が深刻で、猫を飼うことが発症の引き金になりかねないのだ。

なので、飼うのを断念した次第。

残念だけど、諦めるより仕方ない。

無責任に飼い始めて、途中で放り出すなんてことになったら最悪だからね。


将来は、新薬が開発されたり、新しい治療法が生まれるかもしれない。

花粉症の舌下免疫療法みたいなやつね。

それを期待して、気長に待つことにするわ。


というわけで、今年の抱負だった「年内の同居開始」はなくなってしまった。

この傷心は、ねこカフェめぐりでもして癒すことにしようっと。



セミリタイア元年の抱負(番外編)

セミリタ者の最重要課題であるお金については、特に抱負を設けなかった。

この方針については、半年経った今でも、変更すべき点はない。

それどころか、下半期の収支が好転する要素さえあるくらいだ。


ひとつめは、自動車の売却。

これにより、ガソリン代や駐車場代、自動車保険料などの維持費や、車検代やタイヤ代などの固定費が、一切かからなくなった。

代わりに増加するのは、遠出する際の交通費ぐらいなもの。

これにより、生活費は一気に楽になる。


ふたつめは、前述の猫の話だ。

飼うことを想定して、それなりの経費を予定していたのだが、こちらがまったく不要となってしまった。

精神的なダメージは大きいけど、経済的にはプラスである。


というわけで、現在のところ、お金に関しての不安はあまりない。

もちろん、今までどおり無駄遣いはしないという大前提だけど。



まだ半年しか経ってないのに、年初の抱負はいろいろ変えざるを得なくなっている。

人生なんて、思ったとおりいかないものだわ。

でも総括すると、6ヶ月のセミリタ生活は、まったく自由ですこぶる充実したものだった。

だから、これでいいのだ。

こんな感じで、残り半分も過ごしていきたいね。


たった一人の再挑戦―50代早期退職者の行動ファイル (文春文庫)たった一人の再挑戦―50代早期退職者の行動ファイル (文春文庫)
加藤 仁

文藝春秋
売り上げランキング : 82472

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング