今回の統一地方選については、「迫る北海道知事選&札幌市長選!」「明日の投票…まだ迷っています」「朝一番で、国民の“義務”を果たしてきた」と、3回にわたって書いてきた。

今日はその最終章だ。

【スポンサード リンク】


北海道知事・北海道道議・札幌市長・札幌市議の4つについて投票したのだが、結果は2勝2敗となった。

2勝のうち、ひとりはたぶん勝つだろうと思っていた候補者だったが、もうひとりは微妙だと思っていた。

ふたを開けると、その人はかなりの票を稼いでの当選。

こんなことなら別の人に入れてもよかったのだが、こればっかりはわからないもんね。

2敗のうち、ひとりは落ちるかもしれないと思っていたが、もうひとりは絶対ダメだと確信していた。

他に入れるべき人がいなかったので、そんな人に投票しちゃったのだ。

ふたを開けると、その人はダントツの落選。

予想通りの結果となった。



個別の候補者について書かないことにしていたのだが、選挙も終わったので、ひとりだけ禁を破りたい。

北海道知事選の台風の目となった、佐藤のりゆき氏だ。


負けたとは言え、100万票以上を得たのだから、善戦したと言えるだろう。

しかし、敗戦の弁がいただけない。

佐藤氏「投票率上げられず」 道知事選、淡々と敗戦の弁

「相手は軍艦で私は手こぎ舟。この投票率の低さでは、(自民、公明両党の)組織に勝てなかった」。落選が決まった佐藤氏は午後8時40分ごろ、札幌市中央区の選挙事務所に姿を見せ、淡々と敗戦の弁を話し始めた。キャスターとしてテレビでおなじみの笑顔は消え、悔しさをにじませた。
(どうしんウェブ 2015/4/13)

投票率のせいにしたい気持ちはわかるけど、それを言っちゃいかんわ。

たぶん、本気で勝てると思っていたんだろうね。

知名度は自分の方があるだろう、と。

みんな反原発に大賛成してくれるだろう、と。

まさか4期目の知事なんて、道民は許さないだろう、と。

いいところまでは行ったんだけど、大勢ではなかったということだ。

そこをちゃんと認めた方がいいと思うんだけどね。

たぶん、4年後には再出馬する気でいるんだろうから。


ただ、その時のりゆき氏は69歳。

高橋はるみ陣営も、指をくわえて見ているようなことはしないだろう。

もっと若くて、もっと魅力的な後継者を育てて、かつぎ出すはずだ。

道民ってミーハーではあるんだけど、一方で、あんまり変化を求めないところがあるから、高橋氏がガンガン応援したら、そっちになびく可能性が高い。

のりゆき氏の戦いは、今まさに始まったと言えるだろう。



これからの4年間は、札幌オリンピック招致や、北海道150年などのビッグイベントが待っている。

当選した政治家のみなさん、間違いのない舵取りを頼みますよ。


勝率90%超の選挙プランナーがはじめて明かす! 心をつかむ力勝率90%超の選挙プランナーがはじめて明かす! 心をつかむ力
三浦博史

すばる舎
売り上げランキング : 330435

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング