「やきそば弁当」40周年記念企画の第4弾。

今日は、「ちょい辛」を実食レポートしたい。

【スポンサード リンク】


<やきそば弁当 ちょい辛>

yb-kara

濃厚甘口」と一緒に、今年2月に発売された「ちょい辛」。

マルちゃんのホームページによると、麺は「歯ごたえとコシのある細めの麺」とのこと。

液体ソースは「ソース本来の旨みと辛味がたっぷり詰まったどろソースをベースに、複数の香辛料で仕上げたスパイシーなうま辛ソース」で、辛さがカギになっているみたい。

かやくは「濃厚甘口」と同じだが、ふりかけが「辛口ふりかけ」になっている。

スープも、いつもの「中華スープ」ではなく、「コンソメスープ」だ。

スパイシーさを追求した逸品に仕上がっているようだ。


<調理>

かやくを入れて、お湯を注ぎ、液体ソースをふたの上に載せて温める。

3分経過後、お湯でコンソメスープを作る。

液体ソースを入れて、よくかきまぜ、ふりかけをまぶして完成だ。


<実食>

口に入れた瞬間、ふりかけの辛さが口いっぱいに広がる。

そのあとを追いかける、ソースの辛さ。

ダブルの辛さが、まさに「ちょい辛」って感じだ。

濃厚甘口」の逆を行く味なので、辛いの好きならこっちだろう。

私は「濃厚甘口」派だけど、これはこれで美味しいので、時々食べたくなるんじゃないかな。


<評価>

☆☆☆☆★ (また買って食べてみたい)


<次回予告>

次回は、「やきそば弁当 あんかけ風」をレポートします!



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング