札幌に戻ってから、初めての食材買出しでスーパーに行き、つい買ってしまったものがある。

内地ではなかなか手に入らない北海道限定品だ。

道産子のソウルフードとも言える4品を、今日は紹介したい。

【スポンサード リンク】


これがそれ。

dounai

道民にはお馴染みのものばかりだけど、道外の人には説明が必要かも。

今回は勝手に、5段階評価で道外認知度を決めてみた。


<道外認知度4 やきそば弁当>(写真右)

北海道でカップやきそばといえば、これ以外にはありえない。

内地じゃぺヤングなんだろうけど、こっちじゃ売ってないもの。

最近は、北海道だけというので注目されて、道外での認知度も高まっていると思われる。


特長は、粉末スープがついているところ。

注いだお湯を捨てないで、スープに使うのがポイントだ。

焼きそばって麺類なのに汁がないから、つけあわせにこれがあるとすごく食べやすいのよ。

ここに気づいた東洋水産の商品開発者は天才だ。


<道外認知度1 ソフトカツゲン>(写真上)

ランクが急に下がるけど、北海道で乳酸飲料といえばヤクルトではなくこれ。

昔はソフトじゃなかったが、今はかなりマイルドな味で飲みやすくなった。

でも、昔のソフトじゃない、ガツンとした味も忘れられないわ。

最近では「勝つ源」ということで、受験生などにも人気らしい。

カツゲン神社もあるっていうから、今度行ってみよう。


<道外認知度1 ベル ジンギスカンのたれ>(写真左)

羊肉を習慣的に食べる道民にとって、これはまさに「キング・オブ・たれ」。

他にもたくさん売っているけど、やっぱりジンタレはベル食品にとどめをさす。

ジンギスカンはもちろんのこと、私はしゃぶしゃぶもこれで食べます。

これさえあれば、ポン酢とごまだれを行ったり来たりする必要なし!


<道外認知度0 ホンコンやきそば>(写真下)

これは本当に道内限りの逸品だ。

どこが香港なのかまったくわからないジャンクな味だが、一度ハマるともうやめられない。

フライパンに水を入れて乾麺を投入し、ほぐしながら炒めると、あ~ら不思議、もうできあがっている。

ソースも必要としないシンプル設計だ。

がっつり食べたい時は、2袋作って食べるぜいたくだって可能。

袋麺だから安いしね。



子供の頃から親しんできた味ばかりだが、内地にいたらそう簡単には手に入らない。

それが今では、いつでも食べたい時に食べられる。

これもセミリタイアの賜物だ。

やっぱり私は、北海道が好きなんだなー。


北海道の法則 (リンダブックス)北海道の法則 (リンダブックス)
北海道の法則研究委員会

泰文堂
売り上げランキング : 477101

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング