先日観た「スーパープレゼンテーション『サイコーの人生を送るための3つの秘けつ』」を見習って、私もちょっとした幸せを綴ってみたい。

【スポンサード リンク】


私は道産子なので、「寒いのは慣れてるよね」とよく言われる。

期待に反して申し訳ないが、実は結構な寒がりである。

昔は大丈夫だった手先足先も、最近はすぐに冷えてしまう。


加えて、内地の住宅は気密性が低くて、冬場はなかなか部屋が暖まらない。

これなら、北海道の家の方が暖かいくらいだ。


部屋が寒ければ、さらに凍えるのがふとんの中。

しばらく震えながら自分の体温でふとんが暖まるのを待たなければ、寝ようにも寝られない。

湯たんぽを使っていた時期もあったけど、あれが有効なのはふとん全体のうちのほんの一部。

しかも、寝ている間に蹴とばしちゃうので、どこかへ行ってしまう。


そこで我が家では、数年前からあるものを使っている。

それは、“ふとん乾燥機”

ふとん乾燥機って、ふとんを乾燥させるためだけのものと思い込んでいて、ずいぶん昔に買ったのが押し入れの奥に眠っていた。

ふと思いついて、冬のふとんに使ってみたら、これがグッド!

寝る30分前にスイッチを入れておくと、ふとんに入る頃にはほっかほか!

冷えきった体をふとんにすべりこませた時の感覚は、極上の温泉につかったときの快感に匹敵するね。

思わず、「あああぁっ…」と声を出してしまうもの。


ふとん乾燥機だと、ベッドの隅々まで暖かさが行き渡ってるので、寝返りをうとうが足をばたつかせようがノープロブレム。

寝入った頃にタイマーが切れるようセットしておくのが、ベストなタイミングだ。

これがないと冬は越せないくらい、我が家では必須アイテムになっている。


デメリットがあるとすれば、電気代だろうか。

あれだけの温風だ。それなりにかかっているかもしれない。

あと、毎日ベッドメイキングをしなきゃいけないのが、面倒といえば面倒だ。

温風が送りこまれるマットを、ふとん全体にしきつめないといけないのでね。

でも、ふとんに入った時のあの“幸福感”は、何ものにも代えがたい。

あれにかかるお金や労苦は、私にとっては“人生の必要経費”だ。


調べてみると、最近はマットを使わないタイプも売っているみたい。

ZOJIRUSHI ふとん乾燥機 【マット&ホース不要】 ブルー RF-AA20-AAZOJIRUSHI ふとん乾燥機 【マット&ホース不要】 ブルー RF-AA20-AA


象印
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る

すごいね。温風だけでふとんを暖めちゃうんだ。

今使ってるのが故障したら、次回はこれにしようかな。


ふとん乾燥機のおかげで、冬のふとんは大好きになりました。

Awesome!(サイコー!)


オーソドックスなタイプもオススメ!

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング