サラリーマンを23年もやっていれば、会社を辞めたくなったことは何度もある。

セミリタイアを実行するにあたって、ここにいたった心境の変化を振り返ってみたい。



【スポンサード リンク】


2014101801


思えば入社当初から、「定年まで働かないかも」という予感が、頭の片隅にあった。

この会社には、45歳で退社する場合、退職金を上乗せしてくれる制度があったのだ。

それを知って、「そっか、嫌なら45で辞めてもいいんだ」と、気が軽くなったのを覚えている。



しかし、危機はもっと早く訪れた。

入社して5年目、都内の事務所で、私は仕事への意欲を完全になくしていた。

そこでの仕事が驚くほど面白くない上に、直属の上司が絵に描いたようなバカたれだったのだ。

仕事はできないくせに部下に当たり、5時を過ぎたら引き出しから酒瓶を取り出して、こそこそ飲み出す。

今思えば、こんなアホは上に報告すべきだったが、当時はこいつも含めて、会社に失望していた。


休日には、有楽町の北海道Uターンセンターに行って、転職先を探していた。

しかし、いい仕事なんて簡単に見つかるはずがない。

その後まもなく部署内異動があり、上司も仕事も替わったので、私の転職意欲は急速にしぼんでいった。



その後、私も人並みに結婚した。

家族ができたからには、そうそう違う道を考えることもなくなった。


しかし、結婚生活が3年でピリオドを打った。

子供もいなかったため、すっかり元のシングルに戻った。

独身生活を再開すると、金銭面でも精神面でも余裕がうまれ、結婚時代よりも生きていくのが楽になり、再婚する気がまったくない自分に気づいた。



仕事は相変わらず忙しく、お金を使うような時間はない。

そのうち、自分の将来について、脳内シミュレーションを始めるようになった。

今から10年前の話で、会社の同僚から不動産投資を勧められたのも、このあたりだ。(「私はサラリーマン大家さん」を参照)


仕事が大変だったため、退職願望は強かったが、転職したいとは思わなかった。

この頃から、現実的なセミリタイアの計画を建て始めたのだ。


この時のプランの柱となっていたのが、あの「早期退職制度」だ。

45歳で退職すると、通常の退職金に加えて、直近の基本給を3年分を支給するという、なんとも太っ腹な仕組みだった。

これがあれば、セミリタイアできる。

そう思うことが明日への活力につながり、苦しい時も前向きに、仕事に取り組むことができた。



ところが、人生にはアクシデントがつきもの。

40歳の時、頼みの綱の「早期退職制度」が、突然収束となった。

この時はあまりのショックで、本当に立ちくらみがしたほど。

私の密かな計画は、完全に白紙に戻された。


→→→「それでも私はセミリタイアする」へ続く。

「年収500万円以上」の人が豊かなまま早期リタイアを果たす実践マニュアル―“瀕死の激務"だった私が、自由の旗を揚げられた資産
「年収500万円以上」の人が豊かなまま早期リタイアを果たす実践マニュアル―“瀕死の激務"だった私が、自由の旗を揚げられた資産佐藤 一彦

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング