明日は、第92回アカデミー賞の授賞式。

昨年一昨年と、授賞式後に私の予想と結果を記事にしてきた。

しかし、終わってからあーだこーだ書いても、後出しじゃんけんにしか映らない。

なので今年は、ちゃんと事前に予想を出すことにした。

今日と明日はレギュラー更新日ではないけど、アカデミー賞特集にします。

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2018030501


今年は、作品賞にノミネートされた9本のうち、すでに6本を鑑賞済み。

授賞式が去年と同じ時期だったら、本命視されている「1917」も観られたんだけどなあ。

なんでこんなに早いんだろ。



さて、主要部門の私の予想は、以下のとおり。

部門予想
作品賞1917 命をかけた伝令
監督賞クエンティン・タランティーノ
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
主演
男優賞
ホアキン・フェニックス
「ジョーカー」
主演
女優賞
レネー・ゼルウィガー
「ジュディ 虹の彼方に」
助演
男優賞
ブラッド・ピット
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
助演
女優賞
ローラ・ダーン
「マリッジ・ストーリー」

個別に見ていこう。


作品賞


今年は、「1917」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で迷った。

「1917」は未見だし、根っからのタランティーノ好きなので、本当は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」推し。

でも、後述の監督賞を考えると、両方独占は考えにくい。

一方、「1917」のサム・メンデス監督は評価が高いけど、個人的には相性がよくないので選びたくない。

でもこの映画、相当評判いいんでしょ?

となると、僅差でこっちが作品賞かなー。


というわけで、苦渋の選択の結果、私は「1917」と予想した。

なお、韓国映画初の作品賞ノミネートを果たした「パラサイト」は、間違いなく国際映画賞(旧外国語映画賞)を獲るので選外。

あと、最多ノミネートの「ジョーカー」も、巨匠の力作「アイリッシュマン」も、今回は敵が強くて無理そうね。


監督賞


今回は、タランティーノサム・メンデスポン・ジュノの三つ巴の戦いだろう。

ゴールデングローブを押さえたメンデスと、カンヌを押さえたジュノが強いのは認めざるを得ない。

しかし、先述のとおりメンデスは嫌いだし、一度すでに監督賞を手にしているから今回はパス。

外国の監督が評価されやすい部門なので、ジュノが獲ると見る向きもあるけど、アジア人監督にはまだハードルが高そう。

そしてそれ以上に、これまで脚本賞しか獲っていないタランティーノに、三度目の正直で監督賞をあげたい!


というわけで、難しいのは承知の上で、今年はタランティーノと予想した。


主演男優賞


今年の予想で一番簡単なのが、この部門。

「ジョーカー」のホアキン・フェニックス一択だから。

これまで名だたる俳優たちが扮し、それぞれ強烈な印象を残してきた難役を、まったく新しいアプローチで演じきった力量は、最大限に評価されるべき。

ノミネートされた5人のうち3人の映画は未見だし、特にアントニオ・バンデラスはライバルになりそうだけど、それでも言い切れる。

今年は彼で決まりだ。


というわけで、私はフェニックスと予想した。


主演女優賞


毎年毎年、情報が少ないのがこの部門。

今年も、Netflix配信の「マリッジ・ストーリー」以外日本では公開されておらず、私も1本も観ていない。

だから予想は、今年の賞レースの流れに従うだけ。

そうなると、ゴールデングローブと英アカデミー賞を受賞した「ジュディ」のレネー・ゼルウィガーで決まりかな。

予告編を見たらジュディ・ガーランド本人に激似の瞬間があって、「これはすごい」と思ったもの。


というわけで、映画は未見だけど、私はゼルウィガーと予想した。


助演男優賞


この部門の予想は、主演男優賞なみに簡単。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のブラッド・ピットしかないね。

アル・パチーノジョー・ペシの「アイリッシュマン」組の演技は素晴らしかったけれど、どちらも過去に似たような役を観たような気がしないでもない。

トム・ハンクスアンソニー・ホプキンスはどちらも名優だが、これまでのキャリアを超える演技を見せたとも思えない。(観てないけど)

しかも、他の4人がアカデミー受賞者なのに対し、ブラピは過去3回ノミネートされながら受賞なし。

一方、彼のプロデュースした作品は3回も作品賞を獲っており、ハリウッドへの貢献はピカイチだ。

そして「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」では、彼にしか出せない好漢ぶりが素晴らしかった。

こうなるともう、オスカー像をあげない理由が見当たらない。


というわけで、私はブラピと予想した。


助演女優賞


この部門は、「ジョジョ・ラビット」と「リチャード・ジュエル」を鑑賞済み。

「ジョジョ・ラビット」のスカーレット・ヨハンソンは、美貌に肝っ玉が加わると最強ママになることを証明して秀逸だった。

「リチャード・ジュエル」のキャシー・ベイツも愛情あふれる老親を演じていたが、母親対決ならヨハンソンに軍配が上がる。

でも受賞するほどかというと、ちょっと弱い気がするのよ。

そうなると名前が上がってくるのが、「マリッジ・ストーリー」のローラ・ダーンだ。

今年の賞レースは総なめ状態で、他の追随を許さない堂々の本命馬。

映画は観ていないけど、きっと今年は彼女の年なんでしょう。


というわけで、私はダーンと予想した。



以上が、今年のアカデミー賞の予想でした。

ゴールデングローブ賞の受賞結果とまるかぶりなのが心残りだけど、これでも少ない情報から必死で考えた上での予想だ。

さて、どうなることやら。

結果は明日の記事で。


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(字幕版)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(字幕版)レオナルド・ディカプリオ, ブラッド・ピット, アル・パチーノ

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング