先日、5年ぶりに歯科を受診した。

そのとき指摘されたのが、「歯茎が下がってますよ」

そういう年齢なのでしょうがないのだが、自ら悪化させている節もあり、改善することにした。

それは、電動歯ブラシの買い替えだ。



【スポンサード リンク】


2019102501


私の電動歯ブラシ歴は長い。

いつ使い始めたのか思い出せないほど、昔からお世話になっている。

もう何度も買い替えてきたのだが、メーカーはずっと一緒で、一度も浮気をしたことがない。

ブラウンのオーラルBだ。

ヘッドが丸く、ブラシが回転するのが特徴。

昔はそれほど選択肢がなくて、あまり考えずに購入した記憶がある。

買い替えの際も、未使用の替えブラシを無駄にしたくなくて、機種変更は検討しなかった。

それでいいと思っていたのよ、今までは。



実は、今回の歯科受診とは関係なく、「次は違うメーカーにしようかな」と考えていたところだった。

オーラルBは、激しいというか荒々しいというか、とにかくパワーが強いのよ。

発する音も大きいしね。

以前、家電量販店でいろいろお試ししてみたのだが、オーラルBのボリュームがダントツだった。

歯垢をかきだす能力は抜群だけど、歯茎への刺激の強さが気になっていたのだ。


そこにきて、今回の指摘である。

若いころならともかく、齢五十を迎えた今、このままでいいとは思えない。

歯茎にやさしい電動歯ブラシは、いくらでもあるはず。

よし、メーカーチェンジだ!



比較サイトで研究した結果、購入したのはパナソニックのドルツ


実際に使ってみると、オーラルBより音も振動も小さく、歯茎への刺激もそれほど強くない。

それでも、付属の極細毛ブラシは歯周ポケットに入りやすいのか、以前よりも歯茎周辺を磨けている気がする。

ドルツは、私には相性がいいかもしれない。


ただし、気になるところもある。

音波振動ブラシは基本的に静音設計なのだが、ブラシの下の柄の部分(植毛部?)が歯に触れると、ものすごく速くて激しい振動が伝わるのだ。

歯磨きどころじゃなくなるので、なるべく歯に当たらないように気をつける必要がある。

植毛部が唇に触れたときも、耐えられないほどくすぐったくて、もう大変。

歯磨きどころじゃなくなるので、なるべく唇に当たらないように気をつける必要がある。

こういうの、オーラルBではなかったなあ。



ともかく、新しい電動歯ブラシを手に入れて、私のデンタルケアも一変した。

8020を目指して、毎日ちゃんとブラッシングしようっと。


口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道
口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道古舘 健

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング