不労所得とは、「労働しないで得る所得」のこと。

コトバンクによれば、「利子・家賃・地代など」が例として挙げられている。

私に言わせれば、家賃は不労所得ではないのだが…。

今日は、私が毎月得ている「これぞ完全な不労所得」というものを紹介したい。



【スポンサード リンク】


2020031001


それは、住信SBI銀行のスマートプログラ

この仕組みを利用すると、毎月一定のポイントが入ってくるのである。

2020031002

この中で私が利用しているのは、「外貨預金・仕組預金」「定額自動入金」「口座振替(銀行引落)」の3つ。


「外貨預金・仕組預金」では、定期的に募集されている仕組預金にジャスト300万円預け入れている。


「定額自動入金」は、毎月某都銀の口座に振り込まれる家賃収入を、ほぼそのままSBIの口座にスライドさせている。

以前は毎月手作業で移し替えていたのだが、手数料なしでできることを知り、利用を始めたのだ。


「口座振替(銀行引落)」は、自宅の管理費・修繕費を毎月指定された口座に振り込んでいる。

こちらも以前は請求書が届く都度振り込んでいたのだが、手数料なしで自動化できるこの方法があったので、便利に使わせてもらっている。


この3つのサービス利用で、毎月稼げるのは135ポイント

年間で1620ポイントだ。

1ポイント1円の現金に交換できるので、ワンコインランチなら3回食べておつりがくる。

何ということでしょう!



「なんだ、1年でたった1620円か」と言うなかれ。

冒頭にも書いたが、これは完全なる不労所得

サービス利用のために必要な手続きを済ませてしまえば、あとは本当にまったく何もしなくても手に入るのだ。

メガバンクの普通預金金利が0.001%として、利息1620円を稼ぐために必要な残高は、なんと1億6200万円!

もちろんそんなお金はどこにもないので、そう考えると悪くないサービスである。



SBIは、他行への振込みやATM利用にかかる手数料が無料になりやすく、セミリタイア後はすっかりメインバンク。

去年、楽天銀行にも口座を作ったけど、使い勝手は圧倒的にこっちの方がいい。

これからもいいサービスを期待していますよ。


10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方
10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方八木 陽子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング