すっかり週末恒例の行事になった、ラグビーワールドカップの観戦。

昨夜は、日本代表の予選通過を賭けた対スコットランド戦が開催された。

今回は、ひとりパブリックビューイングではないぞよ。



【スポンサード リンク】


2019092101


3連休の中日となった昨日、妹一家が札幌に来た。

ブログで「夢のホームシアターがついに完成」なんて浮かれている50歳おひとりさまの部屋を視察するのが目的だ。

キックオフは19時45分なので、その前にまず腹ごしらえ。

焼肉パーティで、ジンギスカンや鹿肉に舌つづみを打った。



肉とビールでいい気分になったところで、パブリックビューイングスタート。

試合開始直前の横浜国際競技場が壁一面に映ると、大画面の迫力に視察団から驚嘆の声がもれる。

盛り上がってきたところで、ついにその時間がやってきた。

日本対スコットランド戦の始まりだ。


冒頭いきなりスコットランドに先制トライを決められ、改めて敵の強さを思い知らされた

しかしその後は日本が逆転し、21-7で前半戦終了。

セカンドハーフ開始直後にも4トライ目を決めて、ボーナスポイントもゲットした。

決勝トーナメント進出はほぼ手中に収めた、と思ったらさにあらず。

そこからのスコットランドの猛攻はすごかった。

2トライを返されて28-21となり、残りは24分。

こうなると何が起きてもおかしくはない。


しかし、日本代表は負けなかった。

何度も危ない場面はあったもののすべてたたきつぶし、最後はマイボールを死守してノーサイド。

日本ラグビーの歴史が塗り替えられた瞬間、わが家のパブリックビューイング会場も歓声が沸き上がった。

いやー、今回もすごい試合だったね。



ベスト8入りを果たした日本代表の強さ、これは本物だ。

予選プールの戦績は4戦全勝で勝ち点19点となったが、これに匹敵するのはプールDのウェールズしかない。

今回の結果を反映した世界ランキングでも、日本はフランスを抜いて7位に昇格。

こうなると、さらなる活躍を観たくなったとしても、にわかファンの浅はかな夢とは言えまい。

決勝トーナメント最初の対戦相手は、南アフリカ。

前回大会では「スポーツ史上最大の番くるわせ」を演じたが、今年9月の親善試合では大敗を喫している。

運や勢いだけでは勝てない敵だけど、今の日本代表には期待してもいいはずだ。

次の日曜日もパブリックビューイングするぞ!

レッツ・ラグビー!


ラグビー・ワールドカップ2019 日本代表の軌跡【Blu-ray BOX】
ラグビー・ワールドカップ2019 日本代表の軌跡【Blu-ray BOX】リーチ マイケル, 稲垣啓太

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング