昨日、高校時代からの友人と飲む機会があった。

積もる話に花が咲き、すすきので4軒もはしごをしてしまった。



【スポンサード リンク】


2019100801


悪友とも呼ぶべきこの友人、当ブログにはすでに2回登場している。

セミリタイア直後に敢行した「セミリタイアを知らせる旅」と、札幌移住後最初の夏、すすきのに集合した「旧交を温めるって大事だね」だ。

前回が2015年だったので、4年ぶりの再会。

お互い50歳を迎え、見た目もそれなりになっているが、感覚的には高校時代のままだ。

仕事の話、家庭の話、親の話、健康の話など、会話自体は年相応。

でも、すべてノーガードで話せる相手なので、ディープな内容でも気楽に吐露できる。

こういう友人は本当に貴重だわ。


境遇が全然違うのも、逆にいいのかもしれない。

向こうは結婚してふたりの娘を持ち、内地に家を建て、定年まで働き続ける予定。

抱える悩みも私とは完全に別次元で、「それは大変だな」としか言いようのないものばかりだ。

でも、親友である以外共通点がないからこそ、フラットに話を聴けるのかも。

私の方も気がついたら、今まで一度も他人にしたことのない話をしていたしね。



彼の両親は健在で、今回の帰省は、札幌にある実家にあふれかえるモノを整理するため。

聞けば、想像を絶する物持ちのよさらしい。

温厚な彼が半分キレながら不要物を処分している様子には、思わず笑ってしまった。

そんなこともう悩みようがない私からすれば、うらやましい話でもある。

今回の帰省だけでは決着しなかったらしく、札幌にはまた来ることになりそう。

そうしたらまた飲めるので、私にはありがたい話かな。



飲み会の締めは、彼の希望でみそラーメン

前回はスープ完売で食べられなかった「麵屋雪風 すすきの本店」に再チャレンジするも、月曜日とは思えない大行列ができていて断念せざるをえず。

プランBとして向かったのは、元祖さっぽろラーメン横丁の味噌専門 倍煎舎だ。

いただいたのは「香煎魚介味噌らーめん」。

2019100802

前の3軒ですでに満腹状態だったけど、それでも美味しいものはちゃんとおなかに収まるものなのね。

彼も満足したいみたいで、よかったよかった。



18時から飲み始めて、解散したのは日が変わる直前。

でも、6時間なんてあっという間だった。

こういう友人がひとりいればいい。

「持つべきものは友」というのは、本当だわ。


学校では教えてくれない大切なこと 6 友だち 気持ちの伝え方
学校では教えてくれない大切なこと 6  友だち 気持ちの伝え方旺文社

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング