「ラグビーワールドカップ2019」が、ここ日本で昨日から始まった。

アジア初開催の大会なので、関係者やファンは相当盛り上がったことだろう。

かくいう私も、昨日の日本対ロシア戦は観ましたよ。

ちょっと前まで全然興味なかったのに。



【スポンサード リンク】


2019092101


東京オリンピックの前年にこのイベントが開催されることも、札幌で試合が行われることも、もちろん知っていた。

でも、生まれてから一度もラグビーに関心を持ったことがなかったのよね。

ルールもシンプルで簡単に盛り上がれるサッカーと比べて、「このスポーツのどこが面白いの?」と疑問に感じていたのだ。

この感想は、一生変わらないものと思っていた。

4年前、日本が南アフリカに勝ったときも、「すごいね」以上の感情は湧きあがらなかったもの。

多くの日本人が、実はそうだったんじゃないの?



しかし、そんな私の考えは、ここに来て大きく変化した。

きっかけは、もちろんアレ。

そう、「ノーサイド・ゲーム」だ。


池井戸潤の原作を読み、その後、録りだめしていたドラマをイッキミした。

最終回は、大スクリーンでのリアルタイム観戦

気分はすっかり、「レッツ・ラグビー!」だ。


ラグビードラマの名作と言えば「スクール・ウォーズ」で、私も中学時代に食い入るように観ていた。

でも、あのときでさえ「ラグビーって面白そう」とは思わなかった。

「ノーサイド・ゲーム」は、一体何が違うのか。


それは、大泉洋扮する主人公がラグビー嫌いというところだ。

それが回を追ううちに、熱い男たちに感化されて、ラグビーに人生を賭けるまでになる。

松たか子が演じる奥さんの辛辣なラグビー批評も、「スクール・ウォーズ」にはなかったもの。

国民の一般的な意見をベースに作ったドラマだからこそ、私のようなド素人でも入り込みやすかったのだろう。

最終回には、にわかラグビーファンがひとり誕生していた、というわけだ。



なので昨日の初戦は、絶対にリアルタイムで観ようと意気込んでいた。

「ラグビーとは言えばビール」という情報を耳にして、前もって500ml缶とお惣菜も大量に買い込んでおいた。

夕方5時から、CS「J SPORTS」のW杯特番を134インチのスクリーンに大映しする。

試合開始2時間以上前から、1本目開けちゃったよ。



そうして始まった開会式と第1戦。

ビール2本ですっかりほろ酔いの中、男たちの激しいぶつかりあいを堪能した。

素人がゲーム内容について言及する愚は避けておくが、何はともあれ勝ってよかった!

ルールや用語がわからなかったり、素朴な疑問がわいたりして、観戦しながらググった回数は10回以上。

ラグビーのことが少しはわかった気がします。



なお、サッカーのW杯では大騒ぎしていたうちのねこちゃん

今回は全然興味を示さず、キャットタワーでずっと眠りこけていました。

何度も「レッツ・ラグビー!」と親指立ててみたんだけど、無言の「ノー・ラグビー」を返されただけ。

ねこちゃんにはまだまだ難しいスポーツみたいです。


ノーサイド・ゲーム Blu-ray
ノーサイド・ゲーム Blu-ray大泉洋, 松たか子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング