今日は、さっぽろラーメンの名店に足を伸ばして行ってきた。

今年で創業55年目の老舗、純連だ。



【スポンサード リンク】


台風一過の今日、真駒内に行く用事があった私は、地下鉄一日乗車券ドニチカキップを購入。

往復するだけでもお安くなってはいるのだが、せっかく乗り放題なのにどこにも寄らずに帰るのも、なんかもったいない。

いつもの貧乏性を発症した私は、プチ途中下車の旅に出ることにした。

降車駅は澄川

目的地はもちろん純連だ。


このお店、実は30年前の大学生時代に、一度訪問したことがある。

バブルまっさかりで友人の大半は車を持っていた時代だが、貧乏学生の私には足がなく、そのときも地下鉄で向かった記憶がある。

当時すでに四半世紀の歴史を持つ有名店で、その王道の味に大満足した。

今日は、それ以来の再会だったのである。



澄川駅で降り、スマホでお店の場所を確認。

徒歩5分の距離をてくてく歩く。

すると途中で、「ここから豊平区」の標識が。

あれ? 純連って澄川のある南区じゃなくて、豊平区にあるの?

素朴なはてなマークが頭に浮かぶも、その後すぐに到着したので、その問題はとりあえず横に置いておくことにした。


2019081701

30年ぶりの訪問なので無理もないのだが、店構えにまったく見覚えがない。

こんな立派だったかしら?

とても新しい感じなので、最近改装したのかな?



覚悟してはいたけれど、土曜日のお昼時は当然ながら大行列タイム。

並び始めから着席着丼まで、かかった時間はなんと40分!

冷房の効いた店内で待ったのでよかったが、これが外だったら直射日光で焼け出されているね。


注文したのは、こちらの「味噌ラーメン大盛」。(870円)

2019081702

表面に油膜の張ったスープを一口すすると、濃厚で深みのある味に陶然となる。

これは間違いなくうまい!

覚えてないけど、30年前もこんな味だったかも。

50円増しの大盛麺をわしわし食べ進むと、あっという間に完食してしまった。

スープもずいぶん飲んだのだが、それでもかなり残ったので、無理せずそのままにした。

私も来月で50歳なので。



帰宅後さっそくブログの記事にすべく、純連の公式サイトにアクセス。

すると、意外な事実が判明!

私が訪問した30年前、あのお店は実際に南区澄川にあったのだ。

平成6年に豊平区平岸に移転し、2回のリニューアルを経て今の姿かたちになったらしい。

そうか、昔とは場所も外観も完全に変わっていたのね。

そりゃまったく覚えてないはずだわ。


公式サイトの「純連の歩み」には、当時のお店の写真が掲載されている。

昔ながらの「町のラーメン屋さん」といった趣きだ。

ああ、これならなんとなく記憶にあるわ。

いろんな疑問が解決した、残暑厳しい8月の夕暮れなのでした。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング