ディノスシネマズ札幌劇場が閉館し、札幌シネマフロンティアが値上げに踏み切り、ひたすら悪化の一途をたどる札幌の映画事情。

そこに追い打ちをかけるようなニュースが飛び込んできた。

なんと、ユナイテッドシネマ札幌も値上げするというのだ!



【スポンサード リンク】


2019060601


鑑賞料金 一部改訂のお知らせ
2019年7月19日(金)の上映分から以下の通り一部の鑑賞料金を改定させていただきます。

<改定内容>

現行料金改定料金
高校生1,500円1,000円
シニア1,100円1,200円
夫婦50割引2名で2,200円2名で2,400円
CLUB-SPICE会員デー1,000円1,100円
レディースデイ1,100円1,200円
メンズデー1,100円1,200円
ファーストデー大人・大学生1,100円1,200円
高校生以下 1,100円
ファーストショー1,300円1,400円
レイトショー1,300円1,400円
上記以外の通常料金/割引料金には変更ございません

(ユナイテッドシネマ札幌公式サイト 2019/6/13)

1,800円の通常料金では観ることのない私に関係があるのは、CLUB-SPICE会員デーメンズデーのみ。

この両方が100円アップしてしまうのだ。

なってこった!


映画館に行くのは年に1回あるかないか、という人がほとんどのこの国で、劇場側が大事にすべきなのは、足しげく通う映画ファンのはず。

そんな常連たちは、上記の割引料金を上手に活用して、財布の負担を少しでも軽くしようと工夫している。

そのコアな層を直撃するのが、今回の値上げだ。

いろんな考えや戦略があるんだろうけど、お得意さんを敵にまわして何かいいことあるのかね。

ホント、首をかしげざるを得ないわ。



料金比較


札幌の映画三昧ライフが激変する」で、最安料金とポイントの無料鑑賞で計算した1本あたりのランキングを発表したが、ユナイテッドシネマの値上げを反映した最新版は以下の通り。


第1位 ユナイテッドシネマ札幌 942円 (クライブスパイス会員年会費 500円)
※会員デー料金1100円で6本観て、1本無料となった場合

第2位 札幌シネマフロンティア 962円 (会員年会費 500円)
※「午前十時の映画祭」をネット購入で7本鑑賞して、1本無料となった場合
※メンズデー料金で7本観て、1本無料となった場合は1050円

第3位 シアターキノ 1000円 (ビンテージ会員年会費 11000円)
※年会費11000円で10本観て、1本無料となった場合


とうとう、実質800円台で映画を観られる劇場がなくなってしまった。

スクリーンで観る映画を厳選する傾向は、ますます強くなるだろう。



曜日比較


平日にしか映画館に行かない私の、曜日別の比較は下記の通り。(赤字は前回からの変更点)

劇場
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
通常
メンズデー
(1200円)

会員デー
(1100円)
ポイント
利用

(無料)

(無料)

(無料)
札幌
シネマ
フロン
ティア
通常
メンズデー
(1200円)
午前十時の
映画祭

(1100円)

(1100円)

(1100円)

(1100円)

(1100円)
ポイント
利用

(無料)

(無料)

(無料)
シアター
キノ
通常
(1100円)

(1100円)

(1100円)
ポイント
利用

(無料)

(無料)

(無料)


ユナイテッドシネマの相対的な優位性は変わらないので、金曜日に通う習慣はこれからも続くと思われる。

でも、映画ファンをないがしろにする方針に、盲目的に従うつもりもない。

配信サービスへのシフト人はさらに加速するだろうし、私のその一人になりそう。

だって、月1本観るのを減らすだけで、配信にかかる費用はまかなえちゃうんだからね。

無料お試しを待たずに、またU-NEXTかNetflixに登録しようかな。


映画に仕組まれたビジネスの見えざる手 なぜ映画館にはポップコーンが売られているのか (スマートブックス)
映画に仕組まれたビジネスの見えざる手 なぜ映画館にはポップコーンが売られているのか (スマートブックス)谷國 大輔

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング