現在、大通公園8丁目会場で開催中の札幌ラーメンショー2019

明日の日曜日で、その第2幕も終了する。

私はひと足先に最後の一杯をいただいたので、今日はこのイベントの後半戦を総括したい。



【スポンサード リンク】


第2幕では、道外7店、道内3店(うちコラボ1店)の計10店が出店。

私はこのうち、5店の味を楽しませてもらった。

それでは、私の胃におさまった順に振り返ってみたい。


新旬屋 本店 「金の鶏中華」


ramenshow201911ramenshow201912

第2幕は、2016年に出店経験のあるこちらのお店でスタート。

おいしいのは保障されているので、安心して行列に並んだ。

鶏の旨味あふれるスープ、コシのある中太縮れ麺、食感がたまらない鶏ももチャーシューと、前回と変わらぬ満足感を味わった。

もちろん、スープまで完食でした


海老麺総本家地元家×スープカリー奥芝商店 「海老スープカレーラーメン」


ramenshow201913ramenshow201914

函館海老ラーメンの名店と、札幌スープカレーの名店がタッグを組んだ、第2幕唯一のコラボ店。

海老にあまり興味のない私でも、奥芝商店の名前を聞けば、食さないわけにはいかない。

スープを一口すすってみると…あれ?あまり辛くない。

でも、粉状の白虎スパイスを溶かすとあら不思議、奥芝らしい深い味わいが広がった。

おいしかったので不満はないのだが、全体的には想像した通りの味で驚きはなかったかな。


麺屋 政宗 「伊達の炙り牛タンネギ塩そば」


ramenshow201915ramenshow201916

こちらも2017年の再出店組なのだが、私はあまりそそられずスルーしてしまっていた。

しかし、「うまかった!」という評判をあとから耳にして、「やっぱり食べればよかった」と後悔していたのだ。

そんな期待を胸にいただいた一杯は…スープも麺もおいしかったけど、飛びぬけたものはないかな。

牛タンはさすがに絶品の味で、二切れと言わずもっと食べたかった。

ちなみに隣りの女子は、「めっちゃ旨い!」「いつも味噌だけど塩もいい!」と絶賛していました。


ニセコラーメン風花 「新感覚!ふぁっと白いニセコラーメン」


ramenshow201917ramenshow201918

このお店を選んだのは、見た目が100%。

味噌ラーメンの上にたっぷりかかっているのは、じゃがいものエスプーマだ。

縮れ麺にからめて食すと、ポテトの甘さと味噌のコクが相まって超絶うまい!

なんかスペシャルなミルクラーメンを食べている感じかな。

最後、残った味噌スープはちょっと濃くて、全部は飲みきれなかったけどね。


麺処 若武者 「福島鶏白湯ラーメン」


ramenshow201919ramenshow201920

今年の締めは、2016年出店組のこちらのお店。

鶏白湯スープのあまりの旨さに舌を巻いたので、最後はここにしようと決めていたのだ。

再会した一杯は、3年前とまったく同じビジュアルで、味も変わらず最高。

深みのあるスープと、カリカリのオニオンチップが醸し出すハーモニーに悶絶した。

もちろん、スープまで完食しました。



第1幕に続いて、第2幕も部門賞を発表したい。
  • ベストスープ賞…麺処 若武者(福島)
  • ベスト麺賞…新旬屋 本店(山形)
  • ベストトッピング賞…ニセコラーメン風花(北海道)※じゃがいものエスプーマ


というわけで、今年のラーメンショーは10杯で終了。

本当はもっと食べたかったけど、一杯800円はやはり高いし、もうすぐ50歳だし、これが限界かな。

来年のラーメンショーも楽しみだわ。

それでは、See you next year !



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング