楽天スーパーポイントの倍率がアップしたの機に、ついに念願のアレを手に入れた。

それは、ブラーバ!

ルンバに続く、ロボット家電第2弾である。



【スポンサード リンク】


2019061604


昨年2月にねこちゃんがやってきて以来、わが家のクッションフロアの汚れが激増した。

たぶん、体から何かが落ちたり、飛び散ったりしたせいだろう。

拭き掃除なんてしたことなかったのだが、放っておくわけにもいかず、汚れのひどいところを重点的に拭くようになった。


しかしこれは、いくらやってもイタチごっこ。

それで、床拭きロボットの購入意欲が、日に日に高まっていたのだ。

そして今般、ついにブラーバの購入を決定!

機種の選定に入ることにした。



ブラーバには、「ブラーバ」「ブラーバジェット」の2種類がある。

多機能なのは「ブラーバジェット」の方で、汚れを落とす能力はこっちの方が高いらしい。

一方、「ブラーバ」は広い部屋を掃除するのに向いていて、市販の使い捨てお掃除シートを装着することもできる。

いろいろ考えた結果、私は「ブラーバ」の方を購入することにした。

機種は、急速充電スタンドのついた「ブラーバ380j」だ。

ブラーバ380j アイロボット 床拭きロボット 簡単操作 水拭き・乾拭き 急速充電 落下防止 B380065
ブラーバ380j アイロボット 床拭きロボット  簡単操作 水拭き・乾拭き 急速充電 落下防止 B380065アイロボット(IRobot)

Amazonで詳しく見る


商品が届いたその日のうちに、試し運転をやってみた。

まず先に、先輩の新生ルンバにゴミやホコリを一掃してもらう。

そしていよいよ、ブラーバの出番だ。

市販の掃除用ウェットシートを装着して、ドライモードでスイッチオン!


ルンバと同様の爆音を無意識のうちに予想していたのだが、ブラーバは電気自動車並みに無音だった。

部屋の中心から外側に向けて、静かに静かに作業を進めていく。

約1時間の拭き掃除ののち、軽快な音楽とともにブラーバは停止した。

その成果は次の通り。(グロ注意)

2019061601

思ったより汚れていない。

ルンバが残したホコリを回収したぐらいで、シミのような汚れはあまり取れていなかった。

ドライモードだと、こんなもんかしら。



よし、次は本命のウェットモードだ。

装着するのは、専用のウェットクロス。

2019061602

モップみたいな突起がいっぱいついているのが特徴だ。

これを水の入ったパッドに装着して、ウェットモードでスイッチオン!

ブラーバはまたしても静かに仕事をスタートした。

1時間作業した結果は、次の通り。(グロ注意)

2019061603

アイヤー、結構汚れているじゃないの!

実際、部屋中にあったシミのような汚れは、きれいになくなっているか、薄くなっているかのどちらかになっていた。

これはなかなかいいんじゃないかい?

クロスを洗うのが大変だけど、週1回ぐらいはウェットモードで拭き掃除したら、ますますクリーンな部屋になるだろう。



ブラーバが動き回っているとき、面白い発見があった。

爆音ルンバが作動すると、逃げ回って安全地帯に駆け込んでいたねこちゃん。

しかし、今度のブラーバは驚くほど静かなので、それほど脅威には感じていないみたい。

それどころか興味津々の体で、ブラーバのあとを尾行し始めたのだ。

せっかくきれいにしたあとをペタペタ歩かれるのはアレなんだけど、それ以上に、ひょこひょこつけまわすねこちゃんがもうかわいくかわいくて。

一瞬止まったスキに手を出して、また動き出したらあわてて後ずさったりして。

ルンバは無理だけど、ブラーバは友だちになれそうね。


ねこちゃんの友だちということで、これからは「ブラーバちゃん」と呼ぶことにしました。

これからもわが家の汚れを撃退してちょうだいね、ブラーバちゃん。



ちなみに、「ブラーバ380j」の最新機種はこちら。

ブラーバ390j アイロボット 床拭きロボット 水拭き 雑巾かけ 静音 洗剤付き 選べる2つのモード 落下防止 花粉対策に B390060
ブラーバ390j アイロボット 床拭きロボット 水拭き 雑巾かけ 静音 洗剤付き 選べる2つのモード 落下防止 花粉対策に B390060アイロボット(IRobot)

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング