札幌の映画産業のメッカ、ディノスシネマズ札幌劇場がその幕を閉じるまで、あと2週間となった。

今回の件は、かれこれ30年以上お世話になっている者にとって、残念以外の何物でもない。



【スポンサード リンク】


たくさんの思い出が詰まったあのビルに通うのもあとわずかということで、3月以降はディノスに集中的にシフトしてきた。

結果、3月は9本、4月は11本の映画を観た。

5月はすでに6本鑑賞済みだが、あと2週間でさらに10本の上積みを図るつもりだ。



劇場はもうファイナル感にあふれていて、閉店を惜しむ寄せ書きが壁一面に広がっている。

2019051901


有料入場者には、昔仕様の入場券が記念配布中。

2019051902


そして現在は、聖地閉店祭が開催中だ。

これは、アンケートで選ばれた23本を順次上映していくというもの。

2019051903

一律1000円のいい機会なので、公開時に劇場スルーしちゃった映画を観ることにした。

選んだのは、次の4本。

「燃えよドラゴン」は昔ビデオで観たけれど、やっぱり大きなスクリーンで観ておきたい。

あとはほぼ劇場で観ているので、余力は新作鑑賞に回すことにしよう。



今は移転先を必死で探しているところだと思われるが、中心部でいい立地なんてあるのかしら。

あったとしても、現在の6シアターをキープするのは難しそう。

でもこの劇場は、本当になくなってもらっては困るのよ。

早めに朗報を聞かせてもらいたいものだ。


ほっかいどう映画館グラフィティー
ほっかいどう映画館グラフィティー和田由美 北の映像ミュージアム

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング