今日は、「旅人しろきちのおいしいもの探し旅」とのコラボ特別編。

東京在住のしろきちさんに銀座のお店レビューを依頼したところ、今度は先方から札幌のお店探訪のオファーがあったのだ。

そこでお互いに、そのグルメ記事を書いたというわけ。



【スポンサード リンク】


私がレポートを依頼したのは、銀座の人気ラーメン店「銀座 風見」

北海道のローカル番組「びじんらーめん」で紹介されていたのを見て、「しろきちさんに潜入してもらおう!」と思ったのだ。

その記事はすでにアップされているので、こちらからどうぞ。



一方、しろきちさんから依頼されたのは、札幌のとあるカレー屋さん。

その名も、「未来カレーこりす」

すすきのにほど近い資生館小学校の真向かいに、そのお店はあった。

2019040901

2019040902

入り口には、"FUTURE CURRY KORIS"とある。

「未来カレー」っていったい何なの?「こりす」の意味は?

頭の中???だらけになりながら、ドアを開けた。


「こりす」の意味は、すぐに判明。

店内のあちらこちらに、子リス(小リス?)のオブジェが置かれていたから。

2019040903


メニューの表紙にも子リスのイラストが。

2019040904


「未来カレー」については、こう書かれていた。

札幌では店が数少ない「ジャパニーズインディア」に挑戦するにあたり、(中略)まだ知名度の少ないこの業界の「未来」に可能性を感じて、自宅で試作しているカレーを「未来カレー」と呼んでいました。それから、小学校の向いへの出店が決まり、子供達がよく目にする店名はポジティブな感じがいいと思い、そのまま「未来カレー」と名付けました。

なるほど、そういう由来なのね。


メニューを開くと、「未来カレー」の種類は豊富で、どれを選ぶべきか悩むこと必至だ。

2019040905

札幌に引っ越してくる前に食べた味が忘れられなかったので、「バターチキンカレー」をチョイスした。


2019040906

辛さも4段階から選べるようになっているのだが、ヘタレな私はノーリスクな「No.0」で注文。

待つこと数分、出てきたのがこちら。

2019040907

札幌と言えばスープカレーだが、私はこういうねっとりルーカレーの方が好きだわ。


平日はライスかパンが無料なのだが、「パンが絶品」という情報を耳にしていたので、迷わずパンにしてもらった。

2019040908

このナンライクなパンをちぎってみたら、焼き立てなので熱いの熱くないの!(熱いんです)

それをカレーにつけて口の中へ。

いやー、これよこれ!この味が恋しかったのよ!

深みのある甘さに舌が喜んでしまいました。

パンは外がカリッと、中はモチモチやわらかで、カレーにぴったり。

ルーの中には、かたまりチキンがごろごろ潜んでいて、食べごたえも抜群。

大満足のファーストコンタクトでした。



2回目の訪問では「ラムカレー」を注文し、辛さは「No.1」にしてもらった。

もちろん、パンのセットで。

2019040909

ほどよい辛さとうま味が、パンとともに口の中に広がる。

これもうまいわー。

肉厚なラム肉がごろごろ入っていて、肉食派でも満足できる内容でした。



そして、3回目の訪問。

「バターチキンカレー」も「ラムカレー」もおいしいんだから、「バターラムカレー」なんて頼んだら最強に決まっている。

しかし、ブログのことも考えて、雰囲気の異なる「マトンキーママサラ」を注文した。(辛さは1番)

2019040910

写真でもわかるとおり、マトンのひき肉がたっぷり。

ピーマンも入っていて、いいアクセントになっている。

これまたパンですくって食べようとしたが、ルーがほぼ固形なのでなかなか難しい。

スプーンを併用しながらいただくと、マトン独特の味わいがカレーにマッチしていて、本当においしい!

ここのカレーは、どれを選んでもハズレがないようだ。

ごちそうさまでした!



以上、「未来カレーこりす」の紹介でした。

しろきちさん、いかがでしたか?

札幌にお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください。

自信をもっておススメします。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング