いよいよ明日、新しい元号が発表される。

時間はお昼ごろらしいので、セミリタイアの特権を活かしてテレビの前に陣取り、世紀の瞬間を生で目撃する予定。

そんな折、昭和にまで記憶をさかのぼる記事を読んだ。



【スポンサード リンク】


2019033101


高校時代の校歌思い出せる? 「全く覚えていない」が約6割、「全部覚えている」という人は5.5%のみ
ネイチャーラボは3月29日、「『卒業式の記憶』に関する意識調査」の調査結果を発表した。調査は今月9日~11日に、高校を卒業している全国の30~50代の男女200人を対象に実施した。
(キャリコネニュース 2019/3/31)

調査の内容については記事本文を読んでいただきたい。

私が高校を卒業したのは1988年(昭和63年)なので、今から31年前のこと。

それでも校歌ぐらい覚えているだろうと思って歌おうとしたら、出だしからつまづいた。

全然、出てこないのだ。


途方に暮れた私は、文明の利器に頼ることにした。

YouTubeである。

学校名を検索してみると…ありました!

誰かが親切に音源をアップしてくれていたのだ。


さっそく再生したところ、懐かしいメロディが流れてきた。

そうだそうだ、こういう歌だった。

歌詞も一緒に表示してくれるので、さも覚えていたかのように、一緒に口ずさむ。

しかし、一番大事なサビの音程が完全にずれていて、記憶があいまいだったことが改めて明るみに出た。



高校でさえこうなのだから、中学校や小学校なんてもっと悲惨なことになる。

マイナー学校だったせいか、こちらの音源はYouTubeにも存在していなかった。

仕方なく、学校のホームページを見つけて校歌を探したところ、中学校の方は「学校案内」のページに歌詞を発見。

さっそく歌おうとすると、これまたメロディがおぼつかない。

ちゃんと歌えたのはAメロだけで、それ以降はしどろもどろだった。


小学校にいたっては、ホームページは見つけたものの校歌はどこにも載っておらず、歌いだしのきっかけさえつかめない。

ただこちらは、さすがに6年間歌っていただけあって、一番盛り上がる最後のフレーズだけは今でも覚えている。

逆に言えば、それ以外はまったく記憶にないわけだが。

母校の思い出なんて、そんなもんなのかな。



上記記事では、担任についても覚えているかどうか調査している。

私も高3のときの担任を思い出そうとしたら…うわ、全然出てこねー。

高校時代は担任が毎年変わったのだが、1年のときの担任は強烈に記憶していた。

2年のときの担任は、顔は覚えていたのだが、名前がなかなか出てこない。

ここは、あれの出番でしょ。

そう、卒業アルバムだ。


棚の上から引っ張り出して、自分のいた3年7組のページを開く。

あー、そうだった、そうだった、確かにこの人が担任だったわ。

少しずつ、当時の記憶がよみがえってくる。

2年のときの担任も、アルバムで名前が判明した。

いやー、言われてみれば確かにそうなんだけど、なんですぐに出てこないんですかね。



「三つ子の魂百まで」というけど、アラフィフになるとどうやらそれも怪しくなってくるらしい。

いかんいかん、脳トレでも始めようかしら。


健康長寿の医者が教える 人の名前が出てこなくなったときに読む本 (ロング新書)
健康長寿の医者が教える 人の名前が出てこなくなったときに読む本 (ロング新書)松原 英多

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング