先日、街を歩いていたら、袴姿の若い女性たちに出くわした。

どこかの大学の卒業式があったようだ。

3月は別れの季節だが、セミリタイアして社会とのつながりが薄くなった私も、この流れと無縁ではない。

それは、店子が部屋を出ていく季節だから。



【スポンサード リンク】


2019031701


「また誰か出ていくのかしら」とそわそわするこの時期。

今年も、管理を任せている不動産会社から、「3月末におひとり退室されます」との連絡が入った。

2017年11月に入居した人だったので、まだ2年未満。

でも相手は学生で、卒業して就職するというのだから仕方ない。

すぐに次の入居者の募集をお願いして、電話を切った。


それから半月ほど過ぎたある日、次の申込みが入ったという報告を受けた。

今度の店子は20代の男性で、転居の理由は就職。

都内のフレンチの厨房で働く予定らしい。

保証会社の保証もつくので、まったく問題はない。

よかったわ、早々に店子が決まって。



私の場合、募集も家賃管理も退去もすべて管理会社にお任せなので、これまで実際に店子と会ったことは一度もない。

こちらが知っているのは、名前と性別と年齢と勤め先(または学校)だけ。

契約書に写真は添付されないから、どんな顔なのかもわからないのだ。


なので、退去の連絡を受けたところで、家賃収入が減る心配はしても、別れの寂しさを感じることはまずない。

新しい入居者に対しても、

「学生さんかー。青春エンジョイしてね。ちゃんと勉強もがんばれよ」

「新社会人かー。いろいろ大変だろうけど、ちゃんと仕事がんばれよ」

「若い女性かー。変な男につかまるなよ」

など、いったい誰目線なのかわからない想像を、ちょっとする程度だ。

なんちゃって大家さんなんて、そんなもんよね。



だから、こういう記事を読むと、目からうろこだったりする。

入居者サービス充実「大家」が増加中 野菜配布にイベント開催も
中西さんはある入居者の退去に立ち会った。
入居者は、22年間その部屋に住んでいた。すべての立ち会いと確認が終わり、手続きが終了したが、なかなか部屋から出て行こうとしない。(中略)中西さんはやんわり退去を促した。次の瞬間、返ってきた一言に言葉を失い、立ち尽くしてしまったという。
「うちの子は、ここで生まれて、ここで育って、ここから社会に巣立っていきました」その入居者にとってそこは単なる部屋でなく、人生の一部分だった。家族と過ごした幸せの空間であり、思い出の舞台だったのだ。(中略)
「大家というのはただ部屋を貸す仕事ではないんだ。お客様の人生の一部を預かる仕事だ。大家業は、なんて尊い仕事なんだ。そう思いました」
(AERA.dot 2019/3/16)

私の物件はワンルームばかりなので、記事にあるような「実家感」を持つ店子はいないはず。

でも、自分の記憶をさかのぼれば、実家を出てから移り住んできた貸家には、何かしらの思い出がある。

特に学生時代の部屋には思い入れも強く、社会人になってからも、近くに寄ったときには意味なく様子を見に行ったりしたものだ。

そういう意味では、この記事の大家さんが最後に言った言葉には、幾ばくかの真理があるのだろう。



ひるがえって、今の私にそこまでの強い使命感はない。

ただ貸しているだけだからね。

けれど店子だった人は、あの部屋に何かしらの思いを持っているんだろうなあ。

そう考えると、なんとなくうれしいもんだわ。

今月出ていく学生さんは、あの部屋でどんな思い出を作ったのかしら?

来月入居するシェフ見習いくんは、あの部屋でどんな思い出を作るのかしら?

いつか歳を取ってから、若き日々を過ごしたあの部屋をときどき思い出してほしいな。

あなたの人生に幸多かれ!…なんてね。


大家さんと僕
大家さんと僕矢部太郎

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング