昨日、第91回アカデミー賞の授賞式があった。

去年に引き続き、今年も私のオスカー予想とその結果を振り返ってみたい。



【スポンサード リンク】


2018030501


今年のアカデミー賞は、ホントに予想が難しかった。

ノミネート作品はどれも一長一短があって、どのポイントを重視するかによって、予想が簡単に変わってしまうのだ。

ちなみに今年は、作品賞にノミネートされた8本のうち、すでに6本を鑑賞済み。

以前なら、授賞式前に観ている作品なんてほとんどなかった。

最近は公開が早まってきているのかな。

いい傾向だわ。



さて、主要部門の私の予想と結果は、以下のとおりとなった。

部門予想受賞者
(受賞作)
結果
作品賞グリーンブックグリーンブック的中
監督賞アルフォンソ・キュアロン
「ROMA ローマ」
アルフォンソ・キュアロン
「ROMA ローマ」
的中
主演
男優賞
クリスチャン・ベール
「バイス」
ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」
ハズレ
主演
女優賞
グレン・クローズ
「天才作家の妻 40年目の真実」
オリヴィア・コールマン
「女王陛下のお気に入り」
ハズレ
助演
男優賞
マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」
マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」
的中
助演
女優賞
レジーナ・キング
「ビール・ストリートの恋人たち」
レジーナ・キング
「ビール・ストリートの恋人たち」
的中
(詳しくはWikipediaをどうぞ)

主要6部門中、4部門が的中した。

個別に見ていこう。


作品賞


今年は、「グリーンブック」「ROMA」で迷った。

「グリーンブック」のテーマは、いかにもアカデミー会員が好きそうな感じ。

一方「ROMA」は、「所詮、配信でしょ?」というレベルをはるかに超える完成度。

保守的に考えれば「グリーンブック」だし、偏見なしで評価するなら「ROMA」だ。

うーん、どっちだろう?

まあ、「ROMA」は外国語映画賞を確実に獲るから、そっちで満足してもらおう。

というわけで、映画は観ていないけど、私は「グリーンブック」を予想。

見事、的中した。


監督賞


「グリーンブック」も「ボヘミアン・ラプソディ」も、監督のスキャンダル発覚で、どちらもノミネートされず。

これといった対抗馬もないので、「ROMA」のアルフォンソ・キュアロンが大本命なのは揺るがない。

こんなにクオリティの高い映画を、配信サービスで作りあげた功績は、手放しで称賛すべき。

「ROMA」に作品賞をあげないのだから、せめて監督賞はマストだろう。

というわけで、私はキュアロン監督を予想。

見事、的中した。


主演男優賞


今年の注目は、「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディを演じたラミ・マレック

監督スキャンダルによって、同情票を集めるのは間違いない。

でも、やっぱりすごいのは、「バイス」でチェイニー副大統領に扮したクリスチャン・ベールだろう。

映画は未見だけど、あの容姿を予告編で観たときは度肝を抜かれたもの。

ノミネート常連のベールだが、まだ主演男優賞を獲っていないので、この怪演で金星を手にしてほしい。

一方、ラミちゃんはまだまだこれからの俳優。

今回はベテランに道を譲っていただきこうか。

というわけで、映画は観ていないけど、私はベールを予想。

しかし実際はラミちゃんが受賞して、結果はハズレ。

だからといって、はずれても悔しくはない。

ラミちゃんの魂こもったフレディ節は、素晴らしかったからね。


主演女優賞


本命が「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマンというのは、百も承知。

あんなに高貴さも気高さも気品も感じさせないクイーンは、初めて観たもの。

しかし、賞賛すべき演技なのは間違いないのだが、残念ながら映画そのものがまったく響いてこなかったのよね。

あまりの響かなさに、ずっとうつらうつらしてしまったほどだ。

作品を評価できない以上、主演女優賞も別の人にあげたい。

となると浮上してくるのは、「天才作家の妻」のグレン・クローズだ。

過去6回ノミネートされるもいまだ無冠で、今回が7度目の正直。

同じく7度目のノミネートでやっと受賞したポール・ニューマンやアル・パチーノを思い出すわ。

これでクローズにあげなかったら、アカデミー賞は鬼の集まりだ。

というわけで、映画は未見だけど、私はクローズを予想。

しかし実際はコールマンが受賞して、結果はハズレ。

うーん、クローズかわいそう…。


助演男優賞


今年は、2度目の受賞を賭けたふたりの俳優の対決となった。

「グリーンブック」のマハーシャラ・アリと、「バイス」のサム・ロックウェルだ。

どちらの映画も未見なので、これはもう好き嫌いで決めるしかない。

ロックウェルは、去年の「スリー・ビルボード」が強烈で、あれを超えない限り今年は無理だろう。

一方アリは、一昨年の「ムーンライト」で受賞しているが、私の中では「ハウス・オブ・カード」のこうもり野郎が印象的で、ひそかに応援している俳優だ。

つい先日観た「アリータ」でも、重要な役で物語を引っ張っていたし。

というわけで、ひいきの引き倒しで、私はアリを予想。

見事、的中した。


助演女優賞


今年は「女王陛下のお気に入り」から、レイチェル・ワイズエマ・ストーンがノミネート。

どちらも文字通りの体当たり演技で、女性の持つ悪い面をこれでもかとさらけ出していた。

これで映画が面白かったらどちらかから選んでもいいのだが、そうではなかったのでやめておく。

ふたりとも、過去に一度ずつオスカー獲ってるしね。

となれば、もう「ビール・ストリートの恋人たち」のレジーナ・キングしかない。

娘を愛する母親役として、時にスカッとしたり、時にスカッとさせてもらえなかったり、どちらの姿にも心を打たれた。

あの母ちゃん像は、間違いなくオスカー級だ。

というわけで、私はキングを予想。

見事、的中した。



以上が、今年のアカデミー賞の予想と結果でした。

当たりはずれよりも残念なのは、まだ「グリーンブック」を観ていないこと。

試写会で観るつもりだったのだが、はずれてしまったので、今週末の劇場公開を待つしかない。

早く観たいなー。


グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック
グリーンブック~オリジナル・サウンドトラックサントラ

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング