昨日の映画館初め記事に続いて、今日は2019年のラーメン食べ初めについて。

行こうと思っていたお店があったのだが、二転三転して、別のお店で食べることになった。



【スポンサード リンク】


昨年のラーメン食べ納めから、年末年始をはさんで1週間ほど過ぎた1月4日。

こんな夜更けにバナナかよ」を観た足で向かったのは、やはり福の樹

食べ納めと食べ初めが同じ店になってしまうが、どうしても食べたかったのだ。

1週間で禁断症状が出るとは、もう完全にトマトヌードルジャンキーである。


しかし、お店に入る直前で、ふと考えた。

このまま「福の樹」に行って、それをラーメン食べ初め記事として書くのなら、せめて前回とは違うメニューを注文しなければいけない。

でも、やっぱり食べたいのは白ごまトマト担々麺だ。

心を鬼にして、これ以外のメニューを頼む自信は、残念ながらない。

それで記事を書いたら、食べ納め記事とまったく同じ内容になってしまう。

うーん、どうしよう。



そこで私は大胆にも、お店を変えることにした。

「福の樹」は、日を変えて行けばいいや。(禁断症状は収まっていたので)

この近所で、ラーメン食べ初めにふさわしいお店を思い出したところ、頭に浮かんだのはやはりあそこ。

そう、昨年も食べ初めに選んだ信玄だ。


結局、あのお店に行ったのは、昨年はあれが最初で最後だった。

だって、いつも行列ができているんだもの。

だから今回も、多少待つことは覚悟してお店に向かったのだ。

しかしその覚悟も、実際の様子を目の当たりにして、霧のように消えうせた。

お店の中にはもちろん待ち人がギュウギュウ詰め、そして外にも長蛇の列。

時間は夜、マイナス5℃の気温が体を冷え込ませる中、よく並ぶわー。

寒さに弱い道産子には無理無理。



「信玄」をあっさりあきらめた私は、第3の候補に向かった。

それは、「信玄」と同じブロックに店を構えるとりぱん

最近、元祖さっぽろラーメン横丁にも支店を出した、鶏白湯スープの名店だ。

お店に入ると、「信玄」の狂乱ぶりとは打って変わって、とても静か。

「信玄」に勝るとも劣らないおいしいお店だと思うんだけどね。


注文したのは、「しおDX」

せっかく食べ初めなので、チャーシューと味玉を追加したデラックスバージョンにしちゃった。

しかも、せっかくなので大盛で。

2019011301

ここのスープはマジ絶品。

食べている途中でなくならないように、考えながら飲む必要があるくらいだ。

トッピングも豪華で、特に低温調理した柔らかチャーシューは、箸で持ち上げるとちぎれて落ちてしまうほど。

いやー、うまかった。

「信玄」もいいけど「とりぱん」もね!



なお、その後「福の樹」には日を改めて顔を出し、無事「白ごまトマト担々麺」をいただくことができた。

めでたしめでたし。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング