平成最後の年末を迎えようとしている昨今、いかがお過ごしでしょうか?

日本全国津々浦々で、あの会が開催される季節になりました。

そうです、忘年会です。



【スポンサード リンク】


2018121501


共に戦場をくぐり抜けた同志が、一年の労をねぎらい合う。

アルコールの勢いも借りて、日頃あまり話さないような相手と、日頃話さないような話で盛り上がる。

日常を離れて親睦を深めた結果、職場の結束が強まり、さらに仕事もはかどる。

うーん、いいことづくめだな、忘年会って。


なのに、この時期のセミリタ系ブログをのぞくと、「まったく楽しくない」とか、「お金の無駄」とか、「忘年会死ね」とか、罵詈雑言のオンパレードだ。

みんな、そんなに忘年会が嫌いなの?


かくいう私はどうだったかというと…やっぱりイヤだったね。

大勢での宴会が苦手なので、忘年会も、新年会も、歓迎会も、送別会もすべて辟易していた。

このブログを開始してすぐに「会社の宴会が苦手」という記事を書いたほど、できるなら回避したいイベントだった。



それでも、最近ネットである記事を読んで、「私の会社はまだいい方だったのかも」と思い直した。

それは、酒酔いパイロットが問題になったJALに関する記事だ。

盛り下がる「JAL」の忘年会 飲酒不祥事で社員に禁酒厳命
「入社してから初めて、お酒なしの忘年会をやる羽目になりました……」
こうぼやくのは、副操縦士の“酩酊事件”で揺れる日本航空(JAL)の本社社員だ。会社から社員に「年内は禁酒」の通達メールが届いたという。
(AERA dot. 2018/12/12)

あの事件への対応として、
  • 年内は、社内組織単位の飲酒を伴う懇親会・忘年会を自粛すること
  • 公の場でのJALグループ関連の会話自粛
  • JALグループが分かる社章等の取り外し
を徹底せよというメールが、JALの全社員に送られたという。

まあ、あれだけ騒ぎになったんだから、当然と言えば当然の話。

SNS全盛の昨今、誰にどこで目撃されてどんな風に炎上するかわからないからね。


私がびっくりしたのは、このアルコール自粛令についてではない。

あるJAL職員のこんなコメントだ。

「忘年会は例年、若手が盛り上げ役として余興をするのですが、今年はアルコールなしで会場はどこか白けたムード。見てるほうもやるほうも地獄でした。一生懸命練習をしてきた若手がかわいそう……」

田舎の中小企業ならともかく、世界に冠たる大企業で、まだそんなことやってんの?

ただでさえ若者の宴会離れが激しいのに、こんなニュースが流れたら、誰も就職希望しなくなるよ。

私が勤め出した四半世紀前を思い返しても、余興を強制するような風習はなかった。

平成も終わろうとしてんのに、JALはいったい何考えてんだか。



このコメントで、もうひとつ思い出したことがある。

大学時代の飲み会だ。

体育会系の部活だったので、その宴会もかなり激しかった。

今とは違って、タブーなんてなかったからね。

何度つぶされて、何度記憶を失ったことか。


その頃、一発芸に秀でた同期がいて、飲み会ではやたらとかわいがられていた。

先輩から「何か面白いことやれ!」と言われても、そいつだけはすぐに場を沸かせることができた。

そういうのがものすごく苦手だった私は、「こういうやつが世の中をうまく渡り歩いていくんだろうな」とうらやましく思ったものだ。


この芸達者な同期、実は当ブログにすでに登場している。

運命の分かれ道はどこにひそんでいるかわからない」という記事で書いた社長だ。

彼の人生については上記記事を読んでいただければわかるが、あの時私がいだいた感想は、あながち間違っていなかった。

まさに、世渡り上手。

彼なら、JALでもうまくやっていけたんじゃないかしら。



セミリタイアしたら、意に沿わない忘年会はゼロになった。

それでも、気の置けない友人と飲む機会はあって、今月は週1回ペース。

もちろん、余興なんか強制されない、ただただ楽しい飲み会です。

いやー、セミリタイアしてよかった!


ハーバード流宴会術
ハーバード流宴会術児玉 教仁

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング