セミリタイアしてから、ある趣味を通じて知り合った友人がいる。

先日、その人と話していて、びっくりするようなことを言われた。

それは…



【スポンサード リンク】


2018102101


「○○さんって、資産家でしょ」


実はこの方、当ブログに一度登場している。

昨年9月の「『お仕事は何ですか?』への回答はいまだ模索中」という記事で書いた、私の素性に対して鋭い質問を連発した人だ。

そのときは、まことに煮え切らない答えでお茶をにごしまくった。

そしてその後、その人の脳内ではいろいろな変換が行われて、先の発言につながったらしい。


去年の記事は、

もしまた訊かれることがあったら、こう答えることにしよう。
細々やっているしがない自営です。
これならショボさ満載で、それ以上の質問はためらわれることだろう。

という話で締めた。

でも、もう1年前のことで、忘れちゃっていたのよね。



「資産家でしょ」という指摘に対し、いくら厚顔無恥な私でも、

「そうです、私が変な資産家です」

と、だっふんだーな顔をするわけにはいかない。

そもそも資産家ではないのだから、あまりな誤解をされるのは避けたいところだ。

そこで、

「会社員時代に稼いだお金で食べているだけですよ」

と答えておいた。

それでもまだ半信半疑な相手に対し、当時それなりに稼いでいたことや、独身でお金がかからないことを挙げて、ご理解を得ようとした。

セミリタ前の私を知らない人に、「セミリタイアしてるんです」とほぼ同義の告白をしたのは、もしかしたら初めてかも。



ところで、「資産家」っていったい何なんだろう?

検索してみると、

資産家
財産を多く所有する人。財産家
(コトバンク デジタル大辞泉)

という、そりゃそうだろうな結果が出た。


ネットで資産家の定義を調べてみたら、一般的にはいわゆる"billionaire"、つまり10億ドル以上の資産を持つ人を指すようだ。(「億万長者」とも訳される)

日本円にしたら、大体1000億円以上か。

どう考えても、私のことではありえない。

本当にこんなにあったら、ブログ村のカテゴリも「超リッチな暮らし」に変えなくちゃいかん。(そんなカテないけど)


一方で、"millionaire"という言葉もある。(日本語訳は「百万長者」)

こちらは100万ドルなので、日本円なら大体1億円

いわゆる「億り人」である。

昨日放送された「池上彰のニュースそうだったのか!!」で、お金持ちの世界分布が紹介されていたが、日本における資産1億円以上の人数は、アメリカに次いで世界第2位らしい。

その数なんと、270万人!

結構いるんだね、億り人って。


じゃあ、この私は億り人なのかというと…それはヒ・ミ・ツ。

このブログは、その辺をつまびらかにしない主義なので。

読者の皆さんのご想像にお任せします。



全然関係ないけど、川村元気の「億男」が映画化されて、一昨日から公開されている。

原作に一抹のあざとさを感じたので、映画にもあまり食指が動かないのだが、ここで取り上げたいのはその副題、"MILLION DOLLAR MAN"だ。

福沢諭吉しか出てこないのに、ミリオンダラーとはこれいかに。

ここはやはり、"100 MILLION YEN MAN"としてほしかったところだ。

まあ、観るつもりはないので、難癖以外の何ものでもないんだが。


億男 (文春文庫)
億男 (文春文庫)川村元気

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング