今月28日に千秋楽を迎える、劇団四季のミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」

4ヶ月弱の期間限定公演で、「そのうちそのうち」とのんびりしていたら、いつのまにかラストが目前に。

あわてて席を押さえて、昨日無事観ることができた。



【スポンサード リンク】


soundofmusic


今さら説明の必要もない名作ミュージカルだが、DVDを持っているので、この機会に映画の方も復習鑑賞するつもりだった。

しかし、直前に私用が立て込んでしまい、残念ながらそれは果たせなかった。

うーん、大丈夫だろうか。


…という懸念も杞憂に終わったのは、やはり劇中曲の知名度・浸透度の高さのおかげだ。

どの歌も大体聴いたことあるし、なんなら何度も歌ったことさえある。

やっぱりすごい作品なんだね。



特に印象的だったのは、結局「ドレミの歌」だ。

7人の子供たちを音符に見立て、マリアがそれを生き生きとした曲に仕上げていく。

あの誰でも知っている歌で、まさか泣かされるとは思わなかった。


第一幕の最後、修道院長が高らかに歌いあげる「すべての山に登れ」も、鳥肌が立つほどの迫力だった。

一番強く拍手喝采を贈ったのは、あの歌だ。

フォントラップ一家がみんなで歌った「エーデルワイス」も、懐かしくてよかったわー。



今回のキャストは、以下のとおり。

soundofmusic20181016

マリアを演じた平田愛咲さんは、ショートカットがよく似合う童顔美人。

のびやかな歌声と躍動感が魅力的で、見事に主役を務めていた。

その他では、圧巻の修道院長を演じた秋山知子さん、コメディパートを一手に引き受けたマックス役の勅使瓦武志さんが印象に残った。

子供たちもみんな驚くべき歌唱力と演技力を披露して、楽しい時間を過ごさせてくれた。

みなさん、どうもありがとうございました。



さて、次回はついに、北海道四季劇場のファイナルステージ。

演目は、「リトル・マーメイド」だ。

thelittlemermaid

ディズニーのアニメは一度観たが、あんまり覚えていない。

これも「ひかりTV」で録画してあるので、事前に復習鑑賞しておかなくちゃ。


サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)
サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング