私の朝食の定番は、フルグラかトースト。

しかしここ数日は、全然違うものを食べ続けている。

それは…



【スポンサード リンク】


2018101501


カレーだ。


ラーメンと肩を並べる日本人の国民食だが、どちらも目覚めてすぐに食べるようなものではない。

ただ、あのイチロー選手が朝から食べているという報道もあって、「朝カレー」がブームになった時期もあった。

10年ほど前に売り出されたハウスの「めざめるカラダ朝カレー」は、今もちゃんと販売中だ。


しかし、私が「朝カレー」を実行中なのは、10年遅れでイチローに感化されたわけでもなければ、ハウスの回し者だからでもない。



先日の北海道胆振東部地震で、まる一日停電が続いた。

電気や水道で大変な目に遭ったが、食料についてはストックしていたので、特に不安はなかった。

もっと停電が続いていたなら、それらの出番も増えたはずだ。


実際のところ、ほとんど使わずに済んだのだが、これを機会にわが家の備蓄状況をチェックしてみた。

そこで驚いたのは、賞味期限切れの食品が多かったこと。

特にひどかったのが、レトルトカレーだったのだ。


話は、2016年12月にさかのぼる。

「マツコの知らない世界」で放送された「レトルトカレーの世界」にはまった私は、その後カレーブログを始動。

巷にあふれるレトルトカレーを食べつくすことを宣言した。


しかし、熱しやすく冷めやすいのが私の性格。

カレーの記事を数本書いたきりで、その後は以前と同じ食生活に戻ってしまった。

そして、わが家の備蓄庫には、大量のレトルトカレーが残されたのだ。



まあ、食べたくなれば食べるし、災害時には非常食にもなるし、あって困るものでもない。

そう思っていたら、いつのまにか月日は流れていた。

このたび、在庫のレトルトカレーの賞味期限をチェックして驚いた。

…ほとんど切れてる。

20個あるストックの大半が、賞味期限オーバーだったのだ。

しかも半分以上が、2017年と記載されている。

熱に浮かされたあの時に買ったものが、そのまま残っていたのね。



普通の人なら、賞味期限が1年も前に過ぎている食品は捨ててしまうのだろう。

しかし、明らかに腐っているなどよっぽどの事態でなければ、食べ物を捨てるなんて貧乏性の人間にはできない。

よし、これは早急に食べてしまおう!


というわけで、多めにご飯を炊き、小分けにして冷凍庫へ。

それを毎朝ひとつずつ取り出して解凍し、温めたレトルトカレーをかけて食べている、というわけだ。

カレーの量はたかが知れているし、ご飯も少なめに分けたので、朝に食べるにはちょうどいい分量。

手間もかからず、朝の貴重な時間にする食事としては最適だ。

毎日味も変わって飽きないし、お腹の調子も今のところ問題なし。

意外にいいかも、朝カレー。



レトルトの在庫はまだ残っているので、この習慣は今しばらく続く予定だ。

…と今度は、LOHACOで大量買いしたフルグラの賞味期限が…。


病気にならない 朝カレー生活 (中経の文庫)
病気にならない 朝カレー生活 (中経の文庫)丁宗鐵

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング