9月6日未明に発生した、北海道胆振東部地震

お亡くなりになったり、家が損壊した人も多く、それに比べればわが家の話なんて大したことはない。

しかし、反省点も多かったので、自戒の念もこめて記事にしておくことにした。



【スポンサード リンク】


2018091001


9月6日 3:08


地震の起きる直前に、なぜか目が覚めた私。

ぼんやりしていたら、揺れが始まった。

「これヤバイやつ」と思った瞬間、枕元のスマホから緊急速報が。

起き上がろうとするとも、突き上げるような強い振動にあわててしまい、足元のスリッパさえ探せない。

そのままベッドで固まっていたら、やがて揺れはおさまっていった。


ねこちゃんもさぞおびえていると思いきや、リビングに出た私を普通に出迎えてくれた。

マンションの耐震性がいいのか、棚の小物がちょっとずれたぐらいで被害はゼロ。

テレビをつけるとNHKが速報を伝えており、遅れてSTVとUHBが地震報道を始めた。

それをボーっと観ていたら………すべての明かりが消えた。


3:25


「うわー、停電か」と、闇の中で防災ライトを探し、回転レバーをぐるぐる回してあたりを照らす。

部屋のカーテンを開けると、暗いながらもなんとなく見えるようになった。

ライト片手に家の中をチェックすると、冷蔵庫は止まっているし、水もまったく出ない。

道南に住む妹に連絡を取ると、向こうも停電しているという。

ラジオがないので情報源はスマホしかなく、ネットで情報を集めながら、「なんまら揺れた…そして暗い」を投稿した。


4:20


停電が長引くことを考え、当面の食料を確保すべくコンビニへ行くことに。

エレベーターは止まっていたので、非常灯のついた階段を降りた。

オートロックの玄関も開いており、すぐに対処してくれた管理組合の人に感謝する。

外はまだ暗いが、ところどころ信号機がついていて、車が行き交っていた。

目当てのセブンイレブンにたどり着くと、駐車場はすでに車で満杯。

非常灯をつけた店内は、お昼時でも見かけない混雑ぶりだ。

若い人がほとんどで、「もう充電器ない!」という声が飛び交っていた。

日持ちしそうなパンやペットボトルなどをかごに入れ、長く伸びた行列に並ぶ。

機械が普通に動いていて、カードもnanacoも使えることに驚いた。

普段ならコンビニでは絶対使わない金額をカードで支払い、お店を出たころには夜は明けかけていた。

部屋に戻り、いつものくせでテレビのリモコンを手に取った自分に苦笑する。

そして、スマホから「コンビニ大混雑!」を投稿した。


→→→「地震・停電ドキュメント24時 PART2」に続く。


自衛隊防災BOOK
自衛隊防災BOOK自衛隊,防衛省,マガジンハウス

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング