現在、19号と20号の2つの台風が日本海を北上しており、これから相次いで再上陸するようだ。

どっちも温帯低気圧にはなるものの、予報では北海道を直撃するコースをたどるみたい。

8月で台風発生数が20個というのは、近年まれに見る多さらしい。



【スポンサード リンク】


2018082401


気象庁のサイトで1951年以降の台風発生数を見てみると、8月までに20個以上を記録したのは、
  • 1965年…20個
  • 1967年…22個
  • 1971年…24個
  • 1994年…20個
  • 2018年…20個(今日現在)
の5回だけで、21世紀では初めてだ。

どの年も、最終的な発生数は30個を超えており、過去最多は1967年の39個。

もしかしたら、今年もそれくらいになるかもしれない。

やっぱり今年は異常なんだな。



今日のニュースでも、台風の大きな爪あとが報道されていた。

風力発電支柱倒壊、熊野川氾濫、マンション屋根剥がれ落下…爪痕各地で
台風20号の通過から一夜明けた24日朝、各地で被害が次々と明らかになった。兵庫・淡路島では高さ約60メートルの風力発電の支柱が倒壊。和歌山県新宮市では熊野川が氾濫、福祉施設が一時孤立した。強い風にあおられてトラックが横転するなど、けが人も相次いだ。
(産経WEST 2018/8/24)

巨大な風車が無残にも倒れている画には、圧倒的な恐怖を感じた。

自然の大きな力の前にしたら、人間なんてホントに無力だわ。

せめて北海道に来る前には、できる限り弱まってください。

よろしくお願いします。



台風が来ると、私にとってはもうひとつ頭の痛いことがある。

その文字の通り、片頭痛だ。

台風が多いと片頭痛持ちには最悪」という記事も書いたぐらい、頭病みには最悪の季節である。

過去の8月を振り返ってみると、
と、1年でもっとも片頭痛が多い月となっていた。


ところが、その流れが変わったのは去年の8月

一度も片頭痛にならないという奇跡が起こったのだ。

それ以降も発生回数は減少傾向を続け、今年に入ってからは、4月の1回を最後にずっと平穏な日々が続いている。

もちろん、台風がやたら吹き荒れているこの8月も、頭は全然痛くない。

前兆に襲われる気配すら感じないね。

これは一体どういうことなんだろう?


以前から主治医には、「年をとるとだんだん治まるよ」とは言われていた。

血管が固くなってくるので、片頭痛の原因と言われている血管の収縮が起こりにくくなるらしい。

片頭痛に襲われないのは大歓迎なんだけど、動脈硬化と引き換えだとしたら、痛しかゆしだわ。



まあ、あの地獄の苦しみを味わわずに済むのは、幸せ以外の何ものでもない。

これでずっとオサラバできたのなら、言うことないんだけどな。


まんがでわかる天気痛の治し方~気圧による不調をズバッと解決~
まんがでわかる天気痛の治し方~気圧による不調をズバッと解決~佐藤純,あさば

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング