わが家にねこちゃんがやってきて1年が過ぎた

この間、ねこちゃんが暮らしやすいように、少しずつねこグッズを増やしてきた。

気づいたら、リビングの3分の1はねこちゃん専用スペースに。

「私設ねこカフェ」の完成である。



【スポンサード リンク】


2019021001


今のマンションに住み始めたころ、このスペースは「私設トレーニングジム」で、エアロバイクとワンダーコア(もどき)を置き、筋トレ用のヨガマットを敷いていた。

しかしねこちゃんがやってくると、ヨガマットはすぐに爪とぎに使われボロボロに。

エアロバイクはテレビの前に移動し、ワンダーコア(もどき)は使う時だけ部屋の隅から引っ張り出すようになった。

すべては、ねこちゃんスペースを確保するためだ。

今日は、この「私設ねこカフェ」の設備を紹介したい。


キャットタワー(大)


完全室内飼いのねこは運動不足になりがちで、上り下りできるキャットタワーは欠かせない。

転倒すると危ないので、天井まで届くタイプのものを探した。

購入したのは、こちら。


うちのねこちゃんはなかなかのビビリなので、当初は近寄ろうともせず。

カリカリの皿を置いて誘導したり、またたびをふりかけてみたりして利用を促した結果、少しずつ乗るようになった。

今では、陽が落ちてからの時間は、ずっと上ったまま。

しかも、空中に張り出した「にゃんもっく」に入り、アンモニャイト状態で眠りこけている。

そしておもむろに近づくと、「にゃんだ?」とばかりに、ヘリにあごをのせて気怠い視線を投げかけるのだ。

これがもう、身もだえするほどかわいい!

買ってよかった!


キャットタワー(小)


こちらのキャットタワーは、窓際用。


窓のそばの棚の上に設置して、外を眺められるようにした。

こちらはすぐに気に入ってもらえたようで、日中はボックスの中で長い時間眠りこけている。


ケージ


ねこちゃんを預かった当初は、3階建ての大きなケージを借りて使っていた。

しかし、ちゃんと飼うと決めた時点で、そのケージは返すことに。

なくても問題ないと思ったのだが、とにかくビビリなので、隠れたいときに隠れられる場所はあった方がいい。

そこで購入したのが、こちら。


3段だと圧迫感があったので、2段のタイプを選んだ。

扉はいつでも開けてあるのだが、ふだんは気まぐれに入ったり入らなかったり。

しかし、びっくりしたり来客があったりすると、すぐさま駆け込んで小さくなっている。

これはこれで、役に立っているようだ。


キャットウォーク(もどき)


わが家の窓のある壁には、端から端まで棚が置かれている。

これが横に長くて、ねこちゃんにとってはキャットウォークになっているのだ。

棚の上にはキャットタワー(小)のほかに、毛布やキャリーケースを置いている。

日中はこの毛布の上で、暖かい日差しを浴びながら、でろーんとだらしなく伸びているねこちゃん。

あまりの緊張感のなさに、思わず笑ってしまう毎日です。


ソファとコーヒーテーブル


ソファは以前からあったのだが、コーヒーテーブルは実家を整理しているときに押し入れから出てきたもの。

それをわが家に持ってきて、ソファのそばに設置した。

そこでコーヒーを飲みながら、本を読んだりスマホをいじったり。

ふと顔を上げると、目に入るのはキャットタワーや毛布で眠りこけるねこちゃんの姿。

幸せだわー。



この他に、段ボールで作ったねこハウスが2個と爪とぎ1個、慣れるのに時間のかかったシステムトイレ、24時間フル稼働する空気清浄機があり、リビングの3分の1を占拠している。

以上が、わが家の「私設ねこカフェ」です。

さあ、今年はどんな設備を増やそうかな?


わたしたちの「猫暮らし」
わたしたちの「猫暮らし」わたしたちの編集部

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング