現在4年目で、今年の秋には5年目に突入する私のセミリタイア生活。

その間に両親を亡くしてしまうとは、あり得ることではあったけど、本気では想像していなかった。



【スポンサード リンク】


2018061901


私がセミリタイアしたのは2014年11月で、札幌に越してきたのは年明けの2015年1月

実家は車で数時間の場所にあり、離れてはいるけど、行こうと思えばすぐに行ける距離にあった。



札幌に住み始めて間もなく、父が亡くなった。

連絡を受けた私は、当時まだ所有していた愛車を駆って、すぐに帰省した。

そして初七日を終えるまで、実家に泊まり続けた。

セミリタイアしていたので、平日でも誰に気兼ねすることもなく、葬儀に専念することができた。


母のときも同様だ。

すぐに近所のレンタカー店で車を借り、実家に向かった。

今回は私が中心となって動かなくてはならず、父のときとは比べものにならない大変さだった。

でも、妹や義弟、親戚の人にいっぱい助けられて、なんとか終えることができた。

連休と重なっていたとはいえ、これまた仕事のことを考えずにいられたのは、セミリタイアしていたからこそと言ってもいいだろう。



セミリタイアしていなければ、勤務地は道外であった可能性が高く、実家に帰るのも一苦労だったに違いない。

また、会社を長く休めば同僚に迷惑をかけてしまうので、「困ったときはお互いさま」とは言うものの、気が気ではないだろう。

さらには、会社関係者から香典をいただいたり、お返しをしたりなど、多大な気遣いも発生したはず。

在勤中の身内の不幸は、何かと大変なものだ。

しかし、これらの苦労を一切することなく、私は両親を見送ることができた。

これもセミリタイアしてよかったことのひとつかな…と、今になって思う。



父にしても母にしても、もう少し長生きするだろうと思っていたんだけど、まさか自分が50歳になる前に、両方ともこの世からいなくなってしまうとは。

「こうなるとわかっていたら、もっと親孝行していたのに…」というのは本心だが、今となっては言い訳にもならない。

せめて早期リタイアしていたことで、最後の最後に少しは借りが返せたと思いたい。

残された者の自己満足でしかないんだけど…。



せっかくブログ再開したというのに、しょっぱい記事になってしまってすみません。

次回からは、通常モードに戻りますので。


不孝者の父母考
不孝者の父母考勢古浩爾

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング