昨日の夕方、見るともなくつけていた「スーパーJチャンネル」

その中で、税金Gメンの特集を放送していた。

そのワンシーンに思わず食いついて見てしまったので、今日はそれを取り上げてみたい。



【スポンサード リンク】


2017110901


岡山県笠岡市で税金Gメンが滞納者の自宅を訪れた。自宅からは固定資産税93万円を滞納する70代女性が出てきた。税金Gメンは令状なしで差し押さえを行うことができる。
夫も税金を滞納している。滞納者は掴みかかるが、税金Gメンは毅然とした態度で対応した。男性の滞納額は636万になる。以前は工場を経営していて、ギャンブルに使っていた。
Gメンは節約できるように促す。夫婦合わせて月2万3000円を分納することになった。土地と工場を公売にかける準備を進めていく。
(「価格.com テレビ紹介情報」より)

税金Gメンにつかみかかったのは、80代の口汚い爺さん。

公務員相手に逆ギレし、「ぶっ殺すぞ!」と、とんでもない罵詈雑言を吐きまくる。

しかし、Gメンも手慣れたもので、「公務執行妨害で警察呼ぶよ」と言ったら、爺さんすっかり色を失っちゃった。

その後は、家の中を物色する男たち相手に、グチグチ文句を垂れ流し続けていた。


この爺さん、ギャンブルに明け暮れて、30年も納税義務を無視した結果、636万という高額滞納者となった。

「なんで30年も払わなかったの?」というGメンの当然の疑問に対して、「過去のことは言うなや!」とあきれた物言いを繰り返す。

何を言っても通じない老害クソ野郎なんだけど、払うものは払ってもらわなきゃいけない。

そこでGメンは、この家庭の支出の無駄を指摘する作戦に出た。

以下はそのやりとり。

G:新聞を取っているみたいだけど、そんなことしている場合じゃないでしょ。
爺:スーパーのチラシを見て、何が安いとか調べて買い物しなきゃいかんから。
G:そんなこと、チラシがなくてもできるでしょ。
爺:え?
G:夕方に行けば食べ物とか半額になってるよ。そういうの買えばいいじゃない。

税金Gメンの口から出てきたのは、まさかの値引き品推し!

私は値引き品には目がない方なので、確かにその通りだと思う。

でも、この偏屈爺には通じないでしょ。

きっとまた、ああだこうだと文句を言うに違いない。

そう思っていたのだが、反応はまったく違ったものだった。

爺:うん、そうだな。

えーっ、まさかの納得?!

この展開には、さすがに爆笑してしまった。

人間って、話せばわかりあえるものなのね。

結果、焼け石に水の金額ながらも、分納していくことに落ち着いたわけだから、この税金Gメンの凄腕は認めざるを得ない。



しかし、税金Gメンって、こんなことまでしなきゃいけないんだね。

私も、彼らのお世話にならないよう、「値引き品を買ってでも税金を納めていこう!」と、心に誓ったのでした。


国税記者 実録マルサの世界
国税記者  実録マルサの世界田中 周紀

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング