「湯シャン」(「ノー・プー」とも言うらしい)とは、シャンプーを使わず、お湯だけで洗髪する方法。(→Wikipedia

実は私も、今年の6月から実践しており、もう5ヶ月になろうとしている。

今日は、この新習慣とその効果について、レポートしてみたい。



【スポンサード リンク】


2017102801


私が湯シャンを知ったのは、セミリタイアするちょっと前。

当時の同僚が実践していたのだ。

始めてから数ヶ月たった頃、頭が臭くないことを周囲に確認した上で、湯シャン中であることをカミングアウトしていた。

それを見た私も、なんとなく興味はあったのだが、一歩踏み出すことはなかった。


セミリタイアしてからもずっと、それまで通りのシャンプー生活を送ってきた。

シャワーを浴びるのが2日に1回(たまに3日に1回)というペースだったため、シャンプーを使わないとすぐに臭ってきそうだったのだ。



この生活習慣が変わったのが、今年の6月。

毎日エアロバイクをこぐようになると、汗をびっしょりかくので、その後のシャワーは欠かせない。

つまり、毎日洗髪するようになったのだ。

これなら、湯シャンにチャレンジしても、大丈夫なんじゃない?


そう思ってスタートした湯シャンライフ、今のところ不快な感じはまったくない。

頭が脂ぎってしまう前に洗うので、かゆみもくさみも全然ないし、髪がゴワゴワになったりすることもない。

シャンプーを使うのは月1回程度で、セルフカットした時だけ。

私には、湯シャンが合っているみたいだ。



ところで、私の湯シャンには、秘密兵器がある。

5年ほど前に購入した、「育毛温泉キャップ」だ。

写真はこちら。

2017102802

風呂場で頭に装着して、中にお湯を入れると、頭皮の汚れや脂分が流れていくというスグレモノだ。

ダウンタウンの番組で紹介されていたのを観て、「これはいい」と思いネットで購入したのだが、注文が殺到して、商品到着まで3ヶ月もかかった記憶がある。

ただ、購入当初はそこそこ使っていたものの、だんだん面倒になってしまい、数ヶ月で風呂場の飾りになってしまった。

これが、今回の湯シャン開始とともに、復活したのだ。



あらかじめブラッシングして、頭皮の汚れを浮かせて、シャワーで流す。

そして、このキャップを装着し、中にお湯をためる。

頭皮と髪をお湯につけている間に、顔や体を洗う。

キャップの中のお湯は、すきまから少しずつ流れていくので、ときどきシャワーでお湯を継ぎ足す。

5~10分後、体が洗い終わったらキャップを取り外してお湯を流し、もう一度シャワーで頭を洗い流す。

髪を乾かして、育毛トニックを噴射し、頭皮マッサージを行って終了。

これが、私の湯シャンスタイルだ。



まさか、5年前の買い物が、今頃役に立つとは思わなかった。

今も売っているのかとネットを探してみたら、Amazonでは色違いのタイプが取り扱われていた。

新ケアナチュラル 新ケアナチュラル(頭も入浴快楽キャップ)新ケアナチュラル 新ケアナチュラル(頭も入浴快楽キャップ)

Amazonで詳しく見る



こちらは昨年、有吉の番組で紹介されていたみたい。

テレビの影響は強力だから、今も売れているんじゃないだろうか。


湯シャンは、合う人と合わない人がいるようなので、誰にでも勧めたりはしません。

でも、やってみたいと思う方は、このキャップを試してみては?

私は、毎日使っています。

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング