昨日の記事で、財布の中の現金は多くて3万円ぐらい、てな話を書いた。

そんな私が、昔一度だけ、財布に10万円のキャッシュを入れていたことがある。

今日は、そのとき起きた事件について、思い出して書いてみたい。



【スポンサード リンク】


2017081501


会社員時代も、財布の中は数千~数万円ということが多かった。

銀行からおろした直後でも、せいぜい5万円がMAXだった。

ところが、5年ほど前のある日、当時の上司とこんな会話を交わしたのだ。


上司:○○(=私)は、財布にいつもいくらぐらい入れている?

私:3万ぐらいですかね。もっと少ないときもあります。

上司:それじゃダメだ。男も40を過ぎたら、急に現金が必要になる場面が増えてくる。いつでもスマートに対応できるぐらいのキャッシュを持ち歩きなさい。

私:どれぐらい持って歩けばいいんですか?

上司:最低でも10万だ。いつも私は10万を切らないようにしているよ。

私:へー。


そんな話を真に受けたわけではないのだが、直後のATMで、

「10万円持ち歩くオレ、カッケーかも」

という気持ちになったのは確か。

そして、つい出来心で、財布の中にピン札で10万円そろえてしまったのだ。



財布を万札で満たしたまさにその夜、事件は起きた。

会社から帰宅して、スーツの内ポケットから財布を取り出そうとしたら…あれ?見当たらない。

他のポケットにも、カバンの中にもない。

愛車に戻って、車内を捜索しても、ない。

あのとき間違いなく、血の気がザザーッとひいていく音が聞こえたね。

…10万円入り財布、落とした?


それから、最後に財布を使った場面の記憶を思い返した。

家に着く前に、近所のイオンに寄って値引き品を買っているから、なくしたとすればそのあとだ。

そこで、藁にもすがる思いで、イオンに電話をかけた。

果たして、電話口の女性はこう言った。

「届いてますよ」


…あのときは、全身の力が一気に抜けたっけ。

駐車場に落ちていた財布を、別の来店客が拾って、お店に届けてくれたらしい。

すぐにイオンに向かった私。

10万円入りの財布は、外見も中身も落とした時の姿のまま、私のもとに戻ってきたのでした。



イオンの店員は、拾ってくれた方の名前と連絡先を書きとってくれていた。

相手がわかっている以上、これはお礼をしなければならない。

お礼の相場は、落とした金額の1割程度だという。

10万円入れていたから、お礼は1万円か…。

翌日、先方と連絡を取った私は、1万円の入った封筒とケーキの詰め合わせを持って、指定された時間にお宅を訪問した。

かなり痛い出費だったけど、全部なくなっていたかもしれないと思えば、安い授業料だ。


…いや、安くなんかないわ。

1万円は大きいよ、やっぱり。

3万円しか入れていなかったら、お礼も3千円で済んだのに。

「セコい男だ」と言われるのはアレだけど、実際そう思ったのだから仕方がない。

結局、財布に10万円を入れるという、分不相応なことをしたのが間違いだったのだ。

やめたやめた、もうやめた。

10万円入れたって、いいことなんかあるわけない。

というわけで、私の財布はたった一日ふくらんだだけで、またすぐに元の姿に戻った。

以降、私は一度も財布を落としたことはない。



「財布にはいつも10万円ぐらい入れておけ」というアドバイス。

ネットで調べてみると、これが結構あるのよね。

たくさんのお金を財布に入れておくと、お金がお金を呼び込んで、さらに金運が上がるんだって。

万一紛失しても気にしないレベルのお金持ちなら、それでもいいんでしょう。

でも、私には無理だわ。

現金なんか、できるだけ持ち歩かない方がいいに決まってる!

それが、あの一件で得た教訓です。


財布はいますぐ捨てなさい
財布はいますぐ捨てなさい金川顕教

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング