北海道では、鶏のから揚げのことをザンギと呼ぶ。

札幌でザンギを食べようと思ったら、すぐに思い浮かぶのが、今日紹介するお店。

今年20周年を迎えた「中国料理 布袋」だ。



【スポンサード リンク】


テレビの全国番組でもよく取り上げられており、店内には有名人のサインがところせましと貼られている。

しかし、パッと見は普通の街の中華屋さんで、いつ行っても地元の客でにぎわっている、庶民の味方なのだ。


数あるメニューの中から、まっさきに選んでほしいのが、A定ことザンギ定食(A)

hotei01

三口ぐらいに分けないと食べきれない大ぶりのザンギが、なんと7個もついてくる、驚異の定食だ。

ごはんの量を調整しながら食べすすめないと、ザンギの方が余ってしまうほど量が多いので要注意。

外はカリッと、中はアツアツジューシーなザンギをほおばると、それだけで生きてる幸せをかみしめられる。

旅人しろきちさん風に言えば、「生きててよかったー!」である。

そのままでも味がついていてうまいのだが、ネギ入りのたれやこしょうをつけて食べるのも、またグーね。



「ザンギ7つは多くない?せっかくだから中華っぽいものも食べたいわ」という、わがまま女子のあなたには、B定ことザンギ定食(B)がオススメ。

hotei02

ザンギが3つになる代わりに、麻婆豆腐がセットでついてくる。

ザンギ→ごはん→麻婆→ごはん…をくり返していると、結局ごはんが足りなくなってしまうので、お気をつけください。



ほかにも、マーボーメンや餃子定食などもおいしそうなのだが、私はザンギに思いっきり引っ張られるので、食べたことはない。

今度、試してみようかな…いや、やっぱりザンギに走っちゃうんだろうなあ。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング